毎年恒例の「テーブルウェア・フェスティバル2018」へ2018/02/06

プロ野球のオフシーズンに東京ドームで開催される「テーブルウェア・フェスティバル」。1993年からの開催で、今年で26回になります。
内容的には毎年似た趣向ですが、テーブルウェアに関する大きな催しは他にほとんどないので、今年も足を運びました。特集は「英国スタイルの今」と題して、英国のテーブルウェアの紹介です。
テーブルウェア・フェスティバル2018
テーブルウェア・フェスティバル2018

恒例の有名人によるテーブルセッティングによる食空間提案の展示をスライドショーにしてみました。

夕食は、例年ミーツポートにある、和カフェ「神楽坂 茶寮」へ行っていたのですが、昨年閉店してしまったので、ミーツポートのピッツェリアバール「TOKYO MERCATO 東京メルカート」で軽くイタリアンを頂きました。
東京メルカート
サンダニエレ産生ハムのシーザーサラダ
東京メルカート
エゾ鹿ラグーのパスタ
東京メルカート
ピッツア マルゲリータ
東京メルカート

テーブルウェアフェスティバル2017
http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2016/02/01/8080973

出光美術館「色絵 Japan CUTE!」展2018/01/28

昨日は「ヘレンド展」に行きましたが、今日は出光美術館の「色絵 Japan CUTE!」展へ。
この二つの展覧会は提携していて、鑑賞券を提示すると、もう一つの展覧会が割引になるという特典があります。

出光美術館「色絵 Japan CUTE!」展

この展覧会は題名通り、日本の主に江戸時代のカラフルでキュートな色絵陶磁器を集めて展示したものです。また日本の色絵に影響を受けた、マイセン窯、ウースター窯、チェルシー窯、ウィーン窯、デルフト窯の展示もあり、充実した展覧会でした。
古九谷、柿右衛門、鍋島、仁清、乾山など、染付とは異なる色絵の美しさ、楽しさ、愛らしさを感じさせてくれる展覧会でした。

パナソニック汐留ミュージアム「ヘレンド展」2018/01/27

今日はパナソニック汐留ミュージアムで開催されている「ヘレンド展」へ行ってきました。シシィが愛したハンガリーの名窯ヘレンドは日本でも人気が高く、会場はかなりの人出でした。昔、ブダペストに旅行した時にも購入しましたが、我が家にも幾つかヘレンドの磁器があります。
ヘレンドの簡単な歴史は知っておりましたが、過去に作られた磁器を観る機会はありませんでした。このミュージアムは会場が広くないので、どの程度の展覧会か心配したのですが。

パナソニック汐留ミュージアム「ヘレンド展」

パナソニック汐留ミュージアム「ヘレンド展」

パナソニック汐留ミュージアム「ヘレンド展」

展覧会はかなり充実した内容で、初期の作品から、現代のモダンな作品まで一堂に集まった印象で、大型で細工の細かい壺やシノワズリー風の現代では作られていない作品など、今まで見たこともないヘレンドの磁器を観ることができました。

新春特別「キエフ・バレエ」を観て、夕食は「6th by Oriental Hotel」へ2018/01/03

招待券を頂いたので、東京国際フォーラムの「キエフ・バレエ」へ。演目はチャイコフスキー3大バレエの名場面集で、3大 バレエの有名な場面をオーケストラの生演奏、豪華な舞台でトップソリストが踊るという新春にふさわしい魅力的なものです。

東京国際フォーラム

キエフ・バレエ

毎年、年末年始に外貨稼ぎ(?)に来日する「キエフ・バレエ」ですが、旧ソ連のバレエ団なので水準は高いです。

バレエを楽しんだ後は、新春で街場のレストランはお休みと思って、夕食は帝国ホテルの「パークサイドダイナー」でと向かって行くと、有楽町駅前の「6th by Oriental Hotel」が営業中でした。方針変更して、久しぶりにこちらを利用することに。
空いているかなと思ってレストランに入ると、かなりの人で賑わっていました。

6th by Oriental Hotel

アラカルトで数品注文しましたが、「パークサイドダイナー」とは違って、なかなか面白そうな料理がありました。

フォアグラと白レバーのムース、本日鮮魚のカルパッチョ 柚子のヴィネグレット
フォアグラと白レバーのムースはパンにつければ幾らでも頂ける、後に引く味でした。
鯛のカルパッチョはオーソドックスな仕上がりで、柚子風味でさっぱり頂けました。
6th by Oriental Hotel

生ウニクリームのフィットチーネ
生ウニの風味より蟹の風味の方が強く感じられましたが美味しいです。
6th by Oriental Hotel

落ち鮎とまこも茸のリゾット
どんなリゾットかと期待しましたが、ちょっと塩辛く感じられたのは残念。
6th by Oriental Hotel

映画「オリエント急行殺人事件」を観に六本木ヒルズへ2017/12/25

今日は25日クリスマスでしたが、平日ということで空いていると思って、六本木ヒルズのTOHOシネマズで映画「オリエント急行殺人事件」を観に行きました。
六本木ヒルズに着いてみると、平日とは思えないような人出。
映画館も満席に近い盛況ぶりです。

映画「オリエント急行殺人事件」

あまりにも有名な推理小説で映画化、TV化もされているので、結末を少し変えるかなと思って観ましたが、原作通りの結末でした。
ケネス・ブラナーの「オリエント急行殺人事件」は、現代の映画らしく、テンポ良く話が進み、導入部にちょっとした事件を入れたり、ポワロのアクションシーンがあったり、壮大なCGで迫力を出したりと変化をつけていました。
結末を知っている人でも十分楽しめる演出です。

次回作に「ナイルに死す」もあるようなエンディングでしたが、ナイルで事件があったと告げられて呼ばれても???   次回作、どのような導入部になるのでしょうか?

キエフ国立フィルハーモニー交響楽団のコンサートへ2017/12/19

いつもは12月に第九のコンサートには行かないのですが、このコンサート、何とドヴォルザークの「新世界より」とベートヴェンの「第九」がセットになっているという豪華な組合せ。アンコールはないとはいえ、演奏者は大変です。
キエフ国立フィルハーモニー交響楽団の演奏を聴くのは初めてですが、力強く骨格のしっかりした演奏で楽しめました。合唱団の歌声も繊細できれいです。

キエフ国立フィルハーモニー交響楽団

コンサートの後は軽く夕食を頂こうと、ラストオーダーぎりぎりに、キャロットタワーにあるホテルオークラが運営する「スカイキャロット」へ。
お目当てはここの夜景です。写真のように都心の高層ビル群を眺める夜景が楽しめます。

スカイキャロット

ラストオーダーぎりぎりだったとはいえ、スタッフは片づけモード。中華料理を注文して料理が運ばれた時に、レジを閉めるので会計と、かなり慌ただしく落ち着きませんでした。

新世紀 パリ・オペラ座2017/12/10

オペラ座のドキュメンタリー映画でNo.1記録樹立という謳い文句の映画「新世紀 パリ・オペラ座」を観てきました。
9月に観た「パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち」はバレエの舞台裏のドキュメンタリーでしたが、本作はバレエだけではなく、オペラ座総裁を交えた経営陣の話、ロシア出身の新人歌手の話、オペラ「モーゼとアロン」新演出の舞台裏など、いろいろな話題を扱っていました。
なかなかオペラ座の舞台裏を見ることはできないので、非常に興味深いドキュメンタリーでしたが、それぞれの話が脈絡なく突然切り替わっていく編集にはちょっと疑問を感じました。
新世紀 パリ・オペラ座

日本フィルのコンサートへ 夕食はグランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」へ2017/12/09

今日はサントリーホールで日本フィルの定期演奏会へ。指揮は井上道義氏。演目はラヴェル、ベルリオーズ、井上氏らしく八村氏の現代音楽です。
ラヴェルの「マ・メール・ロワ 組曲版」は私の大好きな音楽。繊細で美しいメロディは本当に素晴らしい。ベルリオーズの「幻想交響曲」はダイナミックで華麗。間を取り持つ八村氏の「錯乱の論理」は繊細とダイナミックが入り混じった音楽。
なかなか興味深い組合せの演目です。
日本フィルの定期演奏会

井上道義氏の指揮は繊細かつダイナミックで華麗。かなり疲れるのではないかなと思ったら、最後は井上氏の挨拶と語りで終了。白いハンカチを掲げてアンコールはありませんでしたが、その演奏には非常に満足しました。
ドイツ音楽もいいけれど、フランス音楽も生でもっと聞きたいものです。

夕食まで間があるので、六本木ヒルズのイルミネーション、クリスマスマーケットに立ち寄ってから、グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」へ。「フレンチ キッチン」に行くのは久しぶりです。週末は生演奏が入ります。
グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

ディナーコースを注文。
帆立貝のポワレ カリフラワーピューレ レーズン ケッパー 焦がしバター
グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

オーストラリア産仔羊のロースト ブロッコリー カボチャのクロケット セージ風味のラムソース
グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

モンブラン アイスクリーム添え
グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

ビストロの料理を洗練させた料理は満足度が高いです。