Pilotfly C45ジンバル 4か月半ぶりに修理から戻り2018/03/10

10月にバランス調整用のネジが空回り状態になって修理に出したジンバル Pilotfly C45。
何度も修理から戻ってきてカメラを載せて動かしてみると、ジンバルエラーのビープ音が鳴って再修理に出すこと3回。
最終的にヘッドをすべて交換して再調整したとのこと。
4か月半も修理期間がかかってしまいました。使用頻度の高い、バランス調整用ネジにきゃしな3mm径のネジを使用していては、いずれ壊れることは予想できます。
しかも一度で修理完了できないのでは、正直、もう二度とPilotflyのジンバルは購入したくないです。

これだけ空白期間があったので、ビデオ撮影する意欲もかなりなくなってしまいました。
購入時の状態にして、メーカーから直接、修理戻してくれと注文したので、またSimple BGCソフトのGUI設定でフォロースピード、ジョイスティックのスピードを変更したいのですが、その意欲もうせています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2018/03/10/8892243/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。