DJI OSMO Mobileを購入2016/12/13

ソニーRX100M3,M4+ゴリラポッドでビデオ撮影を続けてきましたが、基本的に三脚で固定で撮影して、パンやズームを避けた撮影をしてきたので、ビデオムービーとして観た時に、安定感はあるのですが、最近はやりの街歩きしながらの、動きのあるビデオムービーも撮ってみたいと思うようになりました。
手っ取り早いのはソニーの空間光学手ブレ補正の4Kビデオカメラを購入すれば良いのでしょうが、空間光学手ブレ補正といっても限界があるし、一番高い機種は高価だし、今更ビデオカメラを購入するのもと躊躇していました。

次に検討したのはジンバルですが、代表的なDJI OSMOはスマホとのWiFi接続が面倒、バッテリーの減りが早い、外部マイク必須などというレビューがあり、こちらも躊躇しました。
そうこうしているうちに、DJI OSMO Mobileが発売され、それを使ったYouTube動画をいろいろ観ていると、なかなか使えそうなジンバルだなと思ってきました。ただ4K動画で撮りたかったので、手持ちのiPhone6もiPhone7Plusに機種変更しました。

DJI OSMO Mobile

OSMO Mobileを購入して、ちょっと試し撮りした感想としては、ジンバルというものに慣れていないので、相当使いにくいと思いました。
動きながら撮影した時に、ジンバルがどういう挙動をして、どのように撮れるのか予想がつかなくて不安になるのです。スマホがふらふらしながら(水平を保っているんでしょうけど)ビデオを撮る感覚に慣れないのです。
また専用のDJI Goアプリの他に、Filmic ProというOSMO Mobileに対応したビデオ撮影の高機能アプリも購入したのですが、高機能と言いながら1/50、1/100秒のシャッタースピードが設定できないのにはがっかりです。フリッカー対策にと購入したのに。

東京の通りや街を延々と歩き、BGMもない単純な動画がYouTubeに幾つもアップされて、それなりに人気もあるようですが、私的には単なるストリートビューのような動画は撮りたくないので、OSMO Mobileでの試行錯誤が続きそうです。

Amazon Fire TVを購入2016/09/23

YouTubeなどにアップしているビデオファイル(mp4,mpeg2,AVCHDなど)はDLNA対応、RAID1のNASに保存しています。このビデオファイルをPlayStation3で再生して、リビングルームの47インチのHDテレビで鑑賞しているのですが、PlayStation3の再生ソフトは時々ご機嫌斜めになって、mp4ファイル再生中にフリーズすることがしばしば。さらに4Kのビデオファイルは再生不可です。

せっかく4Kビデオを撮影できるRX100M4を購入したのですから、PCだけではなく、4K対応ではなくても、リビングルームの大画面のHDテレビで、撮影した4Kビデオを鑑賞したいし、フリーズも避けたい。

いろいろネットで調べてみると、Amazon Fire TVは4K/30p対応で、野良アプリをインストールすると、DLNA対応のネットワークメディアプレーヤーにできることがわかりました。
またタイミング良く、9/22までAmazon Fire TVが20%オフ。プライム・ビデオのラインナップも充実してきたので、プライム会員になることにしました。年 3,900 円(税込)ですから、特典を考えればリーズナブルでしょう。

無名メーカーのAndroid TVで4K/60p対応の安価なネットワークメディアプレーヤーもありますが、信頼性、Bluetoothリモコン、20%オフで購入できるということで、Amazon Fire TVを選択しました。

Amazon Fire TV

さて野良アプリですが、野良と言っても、開発元のしっかりしたKodiという有名なオープンソースメディアプレイヤーアプリです。PCにもインストールして、4Kビデオ再生に利用しています。
野良アプリをAmazon Fire TVにインストール方法はネットで調べると、いろいろ紹介されています。

私が採った方法は、
Amazon Fire TVの設定で野良アプリをインストールできるように変更。
KodiのサイトでARMのアプリをダウンロード。
アプリをGoogleドライブにアップロード。
Amazon Fire TVのアプリ、ES File ExplorerでGoogleドライブにあるアプリをダウンロードしてインストール。
ES File Explorerは不正な通信の疑いがあるアプリなので、この後にアンインストール。

また中華アプリのようですが、有料の(と言っても¥305)AirReceiverをインストールしました。iPhoneのAir Playができるアプリです。

KodiでNASにある4KのビデオファイルをAmazon Fire TVで再生してみると、フリーズすることなく、きれいに再生できました。HDテレビでの鑑賞ですが、HDのビデオファイルの再生よりも精細感があります。
またAirReceiverのアプリは購入者のレビュー通り、非常に便利なアプリでした。iPhoneの画面が即座に大画面で表示され、ブラウザー、Googleマップなどが大画面で楽しめます。
レスポンスも良く、Apple TVと同様なことができます。

安価なChromecastも持っていて、寝室のHDテレビに接続していますが、できることは限られています。またゲームは全くしないし、DTCP-IPのビデオファイルはHDテレビでも再生できるので、PlayStation3が単なるBDプレーヤーになってしまいそうです。

タイムラプス用パンニングヘッドを購入2016/09/20

AMAZONにあった、タイムラプス用パンニングヘッドを購入しました。AFIという中国メーカーのMRA01という製品です。日本のAMAZONから購入ですが、中国から商品が直接送られてきました。

AFI MRA01

タイムラプス用のパンニングヘッドはゼンマイ式の安価なものは、かなり前に購入していましたが、iPhone6でたまに使った程度で、YouTubeにアップするビデオでは使っていませんでした。
二ケ月前に購入したPanolapseソフトでタイムラプス動画に動きをつけられますが、4Kビデオでは動きの範囲が狭まるので、タイムラプス用パンニングヘッドをAMAZONで幾つか物色していました。

購入したモーター式のパンニングヘッドは角度、時間の設定個数は少な目ですが、モーター式にしてはリーズナブルで、リモコンでコントロールできるのが魅力です。ただレビューがなく、中国から製品が送られてくるのが不安でした。

使用してみて、動作に問題はなかったですが、リモコンの受光範囲が狭く、インジケーターのLEDが明るすぎるのが難点です。
パノラマ写真にも使用できるような事が書いてあったので、時間設定しないで、方向ボタンを押せば、単なるパンニングで動くことも期待したのですが、これはだめだったのが残念でした。
プラスティック製のもっと安いAFI MRP01は、単なるパンニングができるようですが、パン最大負荷:500gなので、DSC-RX100M4でぎりぎりでしょう。

ソニーのコンデジ DSC-RX100M4を購入2016/08/25

ここ2年ほど、DSC-RX100M3でビデオ、写真を撮影してきました。小型でいつでも持ち歩けて、高画質のビデオ、写真が撮れるのは一眼レフにない魅力です。
ただYouTubeを見ていると、だんだん4Kで撮影するビデオが増えてきて、4Kディスプレイは持っていなくても、現在のナナオのHDディスプレイでも画質の美しさの差はわかりました。
PCは高性能なものに買い替えて、グラフィックボードも4Kに対応していますが、4K用PCディスプレイは大型で高価なので、こちらの買替は後にして、デジカメを何とかしたいという気持ちが強くなりました。
ということで、手持ちのDSC-RX100M3は買取りに出して、DSC-RX100M4を購入しました。発売から1年経っていたので、ニューモデルが発表されるかもしれませんが。

ソニー サイバーショット DSC-RX100M4

AFが改善されて、望遠が100mmまで欲しいのと、街歩きのビデオでは問題になりませんが、4Kの連続撮影時間が5分というのも少し短すぎで、ドライブのビデオを撮るなら30分くらいは欲しいです。
多少不満がありますが、従来のアクセサリーは流用できるし、大きさも同じ、操作性も同じなので操作に迷わないですむのは助かります。
またシャッター方式を電子シャッター固定にできるので、タイムラプス撮影する時に、連写でシャッターユニットを酷使しないですむのもメリットです。

タイムラプス映像にパンやズームなどの動きを加えられるソフトウェア、Panolapseを購入2016/07/05

ソニーのコンデジ、RX100M3を使用していますが、ソニーから購入できるタイムラプス アプリは使いにくく、動きを加えるアングルシフトアドオンはもっと使いにくく、それに代わるものを探したところ、PC用のPanolapseというソフトウェアがあることを、以前知りました。
Panolapse
http://www.panolapse360.com/jp/

ただ値段が値段なので(約1万円)、ずっと購入をためらっていました。
インターバルタイマーは写真の安価な中国製のもの(このタイプは現在は販売されていません、本体にコードが直結された別のメーカーのものは販売されています。)を以前購入していましたが、ずっと放置していました。
インターバルタイマー
銀座の夜景を撮影した時はソニーのアプリを使用しましたが、やはり使いにくくていやになりました。操作手順が洗練されていないというか、次にどのボタンを押したら、希望の画面に遷移するのか、非常にわかりにくいのです。


いいかげんソニーのアプリが嫌になったので、思い切ってPanolapseのソフトウェアをダウンロード購入しました。
表参道のビデオではインターバルタイマーで連写し、Panolapseで動きを加えたタイムラプス映像に変換しています。


インターバルタイマー+Panolapseの組合せでタイムラプス映像を作ってみると、非常に便利でした。撮影時はインターバルタイマーによる連写なら、セッティングが楽ですし、自宅に戻って、Panolapseで連写した写真にパンやズームの動きを加えるのも簡単です。
連写はシャッターユニットの劣化が心配ではありますが、頻繁にタイムラプス撮影するわけではないので問題はないと思います。

ソニーの無線リモコンRMT-VP1Kはやはり故障していた2015/04/20

4か月待たされて購入したRMT-VP1Kは動画ボタンを押しても働かないことがあり、イライラしていたので、銀座のソニービルのショールームへ行くことにしました。
ここで展示品のリモコンで試してみると、この症状は発生しません!!

やはり購入品は故障しているようで、修理に出すために、4階のお客様ご相談センターへ。
ここでも購入したリモコンと展示品のリモコンで症状を係員と再確認。
故障ということになりましたが、さすがに購入したばかりで頭にきたので、新品交換してもらうことにしました。
新品を受け取り後、お客様ご相談センターと自宅で、新たなリモコンで何度も電源入/切して、リモコンの録画ボタンを押しましたが、症状は今のところ発生しません。

それにしてもこんな単純な商品での不具合。ソニーの品質保証体制が危ぶまれます。

iPhone5用のリモコンを購入2015/04/12

iPhone5を車載動画撮影用として、ダッシュボードに設置してテスト撮影してみましたが、どうも運転中にタッチパネルの動画ボタンをタッチするのはやりにくく、危険でもあるので、Bluetoothのリモコンを購入しました。
センチュリーの小型リモコン、CIA-BTMR-BKで、Amazonで2,500円ほどでした。

センチュリーの小型リモコン、CIA-BTMR-BK

マルチペアリングできないのでiPhone5専用で使うことになりますが、軽量で使いやすいリモコンです。

iPhone5からiPhone6ヘ2015/03/29

iPhone5の購入から2年経ったので、iPhone6へ機種変更することにしました。さすがにモバイルデータ通信オフ、Wi-Fiのみの通信では不便な場合もあり、契約もスマ放題+2GBの最低のデータ定額に変更しました。
自宅の監視カメラのモニターや小型テレビ状態になっていた、手持ちのiPhone4の下取り額は4月から値下げになるので、急いでソフトバンクショップへ行きましたが、手に入れたのは1週間後の今日でした。

iPhone5はバッテリーが少々へたってきているようですが、30pながら、まあまあの画質のフルHD動画が撮影でき、タイムラプスの撮影もできるので、車載動画の撮影にも使って、YouTubeにアップロードしようかと考えています。
iPhone6はiPhone5と同様にバンバー、液晶保護シートを取付けて、頑丈なエレコムの縦型ケースに入れて、万全を期しています。