結婚記念の食事はホテルニューオータニ「千羽鶴」で2019/04/03

結婚記念日のディナーはホテルニューオータニの「トゥールダルジャン」、「ベッラ・ヴィスタ」、「石心亭」にするのが定番でしたが、これらのレストランの料理に少々飽きてきたこともあり、今年は今まで利用したことがない会席料理の「千羽鶴」を利用することにしました。

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

「千羽鶴」はすべて個室のレストランなので、プライベートな食事にぴったりです。
一番小さな個室、「なでしこ」を選びましたが、2名の利用なら十分な広さです。(8畳・個室料 \5,000・4名まで)

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

お料理は\20,000のコースで予約しました。
献立は下記の写真の通りです。
ホテルニューオータニ「千羽鶴」

食前酒は柚子風味のシャンパーニュを特別に作ってもらいました。
ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

ホテルニューオータニ「千羽鶴」

久しぶりの会席料理でしたが、素晴らしい料理の数々にとても満足しました。
使われている食材、毛蟹、ふぐ、鮑、和牛フィレ肉を考えたら、「トゥールダルジャン」よりお得なような...
もちろんサービスも丁寧で、記念日に相応しいディナーとなりました。
また来年も結婚記念のディナーに「千羽鶴」を利用するかもしれません。

日本橋室町に行き、夕食はYUITOにある「ブラッセリーD & スウィートルーム」で2019/04/01

午前中にアークヒルズ、泉ガーデンの桜をビデオ撮影した後、新元号が「令和」と決まったことがわかりました。何となくしっくりしない感じがした元号ですが、いずれ慣れることでしょう。
午後は日本橋室町に出かけて、三越やコレド室町を見て回って、江戸桜通りの桜を眺めてからYUITOへ。

江戸桜通りの桜

1年ぶりに「ブラッセリーD & スウィートルーム」で夕食を頂くことにしました。独特のピンクを基調にしたダイニングルームは未だに慣れないですが、料理はフレンチベースのしっかりしたものです。

ブラッセリーD & スウィートルーム

選べるプリフィクスコース
D特製・前菜盛合せ
ブラッセリーD & スウィートルーム

蝦夷アワビとホワイトアスパラのリゾット
ブラッセリーD & スウィートルーム

オーストラリア産牛フィレ肉のステーキ
ブラッセリーD & スウィートルーム

パルフェ・オ・ショコラ・ショー
ブラッセリーD & スウィートルーム

REMOVU K1で六本木ヒルズ・東京ミッドタウン、アークヒルズ・泉ガーデンの桜を4Kビデオ撮影2019/04/01

浅草の街歩きビデオですが、アクセス数が多く、高評価が多かったので、またビデオ撮影をすることにしました。
今回は見頃になった六本木界隈の桜のビデオ撮影です。
3月31日の午前に六本木ヒルズ・東京ミッドタウンの撮影、4月1日の午前にアークヒルズ・泉ガーデンを撮影しました。

また3月31日の午後には、ホテルオークラ別館「カメリア」で、季節の苺のデザートを頂きました。
この別館もオリンピック後には取り壊されるので、たくさん写真を撮って、スライドショーにしようかと思っています。
ホテルオークラ別館ロビー
ホテルオークラ別館「カメリア」季節の苺のデザート
ホテルオークラ別館「カメリア」季節の苺のデザート



REMOVU K1で銀座と浅草の街歩きビデオを4Kで撮影2019/03/20

何かとトラブルの多いREMOVU K1ですが、日比谷公園ガーデニングショーを撮影後、トラブルが多いので。正規代理店に修理を依頼したところ、何と自分で韓国のメーカーにFedexで送ることになってしまいました。

その後不具合があったということで、メーカーから新品が送られてきましたが、その新品も、ゆりかもめで連続録画テストしたところ、2回ともレインボーブリッジの途中で録画停止するという不具合にあいました。

かなり使う気がなくなってきたREMOVU K1ですが、温かくなってきたことだし、気を取り直して、銀座と浅草の街歩きビデオを4Kで撮影することにしました。
銀座では特にトラブルはなかったのですが、浅草では録画停止しても”Saving “がずっと表示されたままで、終了しないというトラブルがありました。



三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡展」の内覧会へ2019/03/13

招待状を頂いたので、「ラファエル前派の軌跡展」の内覧会へ行ってきました。
ラファエル前派の代表的な画家と言えば、ミレイ、ロセッティ、バーン=ジョーンズ。
ウイリアム・モリスもその一員です。

ラファエル前派の軌跡展

ラファエル前派の軌跡展

今回の展覧会では、大好きなロセッティの作品が多数展示されるとあって、楽しみにしていました。以前、六本木ヒルズの森アーツセンター ギャラリーでテート美術館の至宝、ロセッティの代表作「プロセルピナ」(ウイリアム・モリスの妻、ジェイン・モリスがモデル)を観ましたが、それ以来のロセッティです。

ラファエル前派の軌跡展

ラファエル前派の軌跡展 ロセッティ

ラファエル前派の軌跡展 ロセッティ


ラファエル前派の軌跡展 ロセッティ

ラファエル前派の軌跡展 ロセッティ

ラファエル前派の軌跡展 ロセッティ

展覧会はターナーから始まり、ラファエル前派の第二世代とも言える、バーン=ジョーンズ、ウイリアム・モリスの作品で終わるという、文字通り、ラファエル前派の軌跡を辿る、素晴らしい展覧会でした。

今年も「京まなび」(「京あるき」)2019/02/26

今年も「京まなび」の季節がやってきたのですが、送られてきた冊子を見ると、例年により2週間ほど早い開催でした。
しばらく冊子を見ないでいたら、あと1週間ほどで会期は終了。あわてて今日、京まなびのスタンプラリーを開催しました。と言っても、今年も丸の内、日本橋室町界隈のお気楽スタンプラリーです。

京まなび

例年、コレド室町3にある「鶴屋吉信」でスタンプを押すのですが、今年はこちらにスタンプはありません。ただゆっくりティータイムを過ごしたかったので、昨年に引き続き、こちらで桜あんみつを頂きました。毎回「鶴屋吉信」さんに来て思うのが、こしあんの上品な甘さ。仙太郎のこしあんも好きなのですが、こちらも本当に美味です。

「鶴屋吉信」桜あんみつ

さてスタンプラリーを終えたので、軽く早めの夕食をということで、久しぶりにコレド室町1にある「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」へ。
店内は明るく、落ち着いた雰囲気で、軽く和食を頂くには使い勝手の良いお店です。なお丸の内KITTEにもお店がありますが、KITTEのお店の方はちょっと騒々しい感じがしました。

コレド室町1「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」

コレド室町1「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」

コレド室町1「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」

コレド室町1「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」

コレド室町1「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」

久しぶりの「音楽日和」 コンサート後の食事はアークヒルズの「シュマッツ」へ2019/02/25

今日は10月以来の「音楽日和」。サントリーホールでのコンサートで、アルメニア出身のヴァハン・マルディロシアン氏指揮、新日本フィルの演奏です。
演奏曲目はスメタナ、チャイコフスキー、シベリウスと、バラエティに富んでいます。

音楽日和

有名なチャイコフスキー ピアノ協奏曲第一番は荻原麻未さんの演奏。若手の荻原さんですが、スケールが大きく、しかも繊細な演奏はとても素晴らしいものでした。新日本フィルも好サポートです。
シベリウス 交響曲第二番はシベリウスの交響曲中で最もポピュラーな作品です。というか、私は他のシベリウスの交響曲は聴いたことがありません。シベリウスが好きな日本人は多いようですが、私的にはそれほど思い入れはないので、今日も演奏に没入して陶酔するほどではありませんでした。

終演後の食事はサントリーホールと同じアークヒルズにある「シュマッツ」へ。前から一度入ってみたいと思っていたドイツ料理のカジュアル・ビアダイニングです。
懐かしいBGMがかかっていて、明るいカジュアル雰囲気は、とても楽しい気分にさせてくれました。ビール、料理とも美味しくて、またコンサートの後に利用したくなりました。

アークヒルズ「シュマッツ」

アークヒルズ「シュマッツ」

アークヒルズ「シュマッツ」

アークヒルズ「シュマッツ」

アークヒルズ「シュマッツ」

アークヒルズ「シュマッツ」

今年も東京ドームの「テーブルウェア・フェスティバル2019」へ2019/02/05

プロ野球のオフシーズンに東京ドームで開催される「テーブルウェア・フェスティバル」。1993年から毎年開催されています。
今年の特集は「ヨーロッパ磁器発祥の国、ドイツ」で、マイセン、ベルリンKPMなどの名窯のテーブルセッティングが展示されていました。
テーブルウェア・フェスティバル2019
テーブルウェア・フェスティバル2019

マイセン、ベルリンKPMのテーブルセッティング

恒例の有名人によるテーブルセッティングによる食空間提案