SONY RX0M2, Feiyu Tech WG2X で、夜の渋谷を4Kビデオ撮影2019/09/06

夜は多少涼しいので、昼間に撮影して再生回数が多かった渋谷を今度は9月1日の夜に4Kでビデオ撮影してみました。日曜日の夜なので、かなりの人出です。
撮影機材はもちろん、カメラ SONY RX0M2、ジンバル Feiyu Tech WG2X の組合せです。

キッチンスケールの測定で、ジンバルの積載重量をオーバーしていることがわかりましたが、これ以上重量を減らすことはできないので、六本木ヒルズ、六本木一丁目の時と同じ機材構成です。六本木一丁目の時と同様に、ジンバルの三軸ともモーター強度最大ですが、カメラのISO感度は最大3200に抑えて撮影しました。繁華街での撮影なら、これ以上高感度にしなくても大丈夫でしょう。

編集で一番迷ったのは、どんなBGMを使うかでした。明るい音楽にしたくなかったのですが、ボーカル有り、無しの2曲で迷いました。
最初ボーカル無しのBGMでビデオをYouTubeにアップロードしましたが、なんかしっくりこないので、ボーカル有りのビデオを再アップロードしました。


次は夜の銀座か、長時間録画テストしたいので、夜間のゆりかもめを撮影しようと思います。

ジンバル Feiyu Tech WG2X の最大積載重量をオーバーしていた2019/08/29

アプリでジンバルのモーター強度をチルト軸、パン軸、ロール軸とも最大にしていますが、撮影結果を見るとに微妙な上下動発生することがあるので、念のためFeiyu Tech WG2X の最大積載重量を調べたところ、135g。結構軽いカメラしか載せられません。

そこでキッチンスケールで、SONY RX0M2とウィンドジャマー付きの外部マイク AT9911を載せてみると、何と145g。インシュロックタイで固定したマイクの接続コードを入れると150gくらいでしょう。
15gオーバーしていました。

YouTubeにアップしている、Feiyu Tech WG2X より最大積載重量がかなり大きいジンバル、因縁のメーカー Pilotofly Traveller に、RX0M2を載せた動画のコメント欄でも、カメラの手ブレ補正を入りにしていてもブレが発生しているとの記述があるので、Feiyu Tech WG2X の積載重量を15g越えたことだけが、微妙な上下動が発生する原因とは言えないかもしれません。もちろん軽い方が、余裕があって、良いことは確かですが。

ジンバル、電源入時の挙動も良く、アプリのジョイスティックで動かしても、非常にスムーズなので、もっと撮影テストして検証が必要です。

SONY RX0M2, Feiyu Tech WG2X で、夜の六本木一丁目を4Kビデオ撮影2019/08/18

新しく購入した カメラ+ジンバルの組合せで六本木ヒルズの4Kビデオ撮影を6月に行いましたが、7月は天気が悪い日が多く、8月に入ると暑い日が多いと、何かと理由をつけて、ビデオ撮影をしないまま時が過ぎてしまいました。
本当は渋谷と銀座の夜の街歩き、ゆりかもめの夜の前面展望を撮影したかったのですが、暑いと街歩きビデオは敬遠したくなるし、ゆりかもめの前面展望は平日の夜でないとビル群の照明が付いていないと画にならないと、先延ばしにしていました。

8月の半ば過ぎになると、やっと夜は涼しくなってきたので、六本木ヒルズと同様に、勝手知ったる、六本木一丁目のアークヒルズと泉ガーデンでジンバルの練習を兼ねて、テスト撮影しました。

六本木ヒルズの撮影では、チルト方向のモーター強度を、アプリで最大にしていなかったせいか、RX0M2 の電子式手ブレ補正をオンにしていても、微妙な上下動が発生してしまい、さらにフォローモードでかなりカメラを動かすと、”カクッ”と向きが変わることがあり、使えないカットを量産してしまいました。
今回の撮影では、チルト方向のモーター強度を、アプリで最大にして撮影しましたが、”カクッ”と向きが変わることはありませんでしたが、微妙な上下動は発生することがありました。
ただパンやチルトをしても、微妙な上下動が発生しないこともあるので、手の動かし方で防げるのかもしれません。

ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団のコンサート2019/07/11

今日はベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団のコンサートのコンサートへ行ってきました。ワグナーの「トリスタンとイゾルデ」の有名な前奏曲とブラームスの交響曲第2番という重厚な演目です。
ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団ですが、昔からのクラシックファンにはベルリン交響楽団という名前の方が有名でしょう。指揮者は日本ではお馴染みのエリアフ・インバル氏です。かって東京都交響楽団の首席指揮者を務めていて、現在は桂冠指揮者でもあります。

ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団

ブラームスの四つの交響曲はどれも有名で、私の大好きな交響曲ですが、コンサートで聴くのは久しぶりです。有名なピアノ協奏曲第2番、バイオリン協奏曲も大好きなのですが、残念ながら、こちらもコンサートではほとんど聴いたことがありません。
久しぶりに生で聴くブラームスの交響曲第2番。いいですねー。その旋律と重厚な響きに引き付けられます。ワグナーとの対比も楽しめて、充実したコンサートでした。

パナソニック汐留美術館 マイセン動物園展2019/07/07

今日は雨模様の一日。パナソニック汐留美術館 マイセン動物園展へ行ってきました。マイセンの動物の磁器をテーマにした展覧会です。

マイセンの動物磁器と言えば、創始者はヨハン・ヨアヒム・ケンドラー。ドレスデンのツヴィンガー宮殿にある陶磁器コレクションにも多数展示されていました。
本展はアール・ヌーヴォー期の作品を中心に構成されていました。
なお写真撮影OKの作品をスライドショーにしてみました。
マイセン動物園展


本展を鑑賞した後に、ミュージアムショップを覗いて見ると、妻がマイセンやセーヴルのアンティーク磁器を買い求めたことのある、恵比寿のアンティークショップ「ロムドシン」のパンフレットが置いてありました。 そのパンフレットを見てみると、本展に展示されている作品が掲載されているではないですか。写真撮影OKのところは、「ロムドシン」から持ってきたようです。値札は当然ついていませんが。
正直、ちょっとがっかりした気分になりました。

SONY RX0M2, Feiyu Tech WG2X で、夜の六本木ヒルズを4Kビデオ撮影2019/06/17

REMOVU K1 を売却して、カメラ+ジンバルの組合せでビデオ撮影することにしましたが、操作に慣れるために、勝手知った、六本木ヒルズでテスト撮影することにしました。

撮影するにあたって、外部ステレオマイクをどのようにジンバルにセッティングするか迷いました。結局のところ、写真のように、ジンバルのアームのところにインシュロックタイで接続コードを固定して、セッティングすることにしました。 接続コードはフレキシブルなものを選んで、ジンバルの動きに支障がないようにしましたが、外部マイクの重さがジンバルの動きに、どのように影響するかは、撮影してみないとわかりません。
SONY RX0M2, Feiyu Tech WG2X
SONY RX0M2, Feiyu Tech WG2X
SONY RX0M2, Feiyu Tech WG2X


動画のコメントにも書きましたが、チルト方向のモーター強度を、アプリで最大にしていなかったせいか、RX0M2 の電子式手ブレ補正をオンにしていても、微妙な上下動が発生してしまいました。またフォローモードでかなりカメラを動かすと、”カクッ”と向きが変わることがあり、使えないカットを量産してしまいました。
次回の撮影では、チルト方向のモーター強度を、アプリで最大にして撮影しようと思います。

REMOVU K1を売却し、カメラ SONY RX0M2,ジンバル Feiyu Tech WG2X に乗り換え2019/05/29

価格.com の SONY RX0M2 のレビューにも下記の乗り換えの経緯を書きました

-------------------------------
REMOVU K1は売却し、代わりのカメラを探していて、候補に挙がったのが、このRX0M2とOSMO Pocketです。OSMO Pocketは評判が良いようですが、あまりに小さくて安定して持ちにくく、液晶もかなり小さかったのと、スマホが必要な時もあるので、候補から除外しました。 

RX0M2は手ブレ補正が貧弱なのはわかっていたので、オプションでRX0取付用アダプターのある、小型ジンバル Feiyu Tech WG2X も一緒に購入しました。

また絞りがF4固定で、シャッタースピードを1/50,1/100秒に設定したいので、フィルターアダプターキットとNDフィルターも購入しています。 

内部マイクはウィンドジャマーを取付けるスペースがないので、ウィンドジャマーを取付けた、オーディオテクニカのステレオマイク AT9911をジンバルのアームに固定しています。

また Feiyu Tech WG2X はハンドグリップがないジンバルなので、手持ちのスリックのミニ三脚を流用しました。
-------------------------------

SONY RX0M2

Feiyu Tech WGX2

上記のように、REMOVU K1の代わりに、高価な1インチセンサーカメラ・フィルターアダプターキット・NDフィルター + 小型ジンバル + 外部マイク と購入したので、結構なお金がかかってしまいました。

REMOVU K1は中野ブロードウェイセンターのフジヤエービックで売却しましたが、メルカリで自分で売った方が1万円くらいは高く売れたのではないでしょうか?

ジンバル一体型カメラ REMOVU K1 は売却することに2019/05/20

1年余り使ってきたREMOVU K1ですが、新品交換してもトラブルが突然起き、安心して録画できないビデオカメラにストレスが溜まってきました。

先日、渋谷のビデオをYouTubeにアップしましたが、何とノイズが記録されたカット(5分2秒 右下に長方形のノイズ)があることがわかりました。かなり再生回数が上がっていたので、再アップロ-ドするのはあきらめました。編集段階では気が付きませんでした。

さすがにこのカメラに愛想がつきて、売却して、他機種に乗り換えることにしました。