三菱一号館美術館「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」の内覧会2017/10/17

三菱一号館美術館のロートレックを中心とした19世紀末の版画やリトグラフの展覧会の内覧会の招待状を頂いたので行ってきました。

パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

この展覧会、誰でも一度は目にしたことのあるロートレックのポスター、ナビ派のボナール、ドニやヴァロットンのリトグラフや版画が一堂に会しています。
有名なロートレックのポスターが展示されているコーナーは写真撮影可能でした。
パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

改めてこの19世紀末のポスター、版画、リトグラフを鑑賞すると、絵画芸術が貴族から裕福な市民に主役が移っていったことを実感させてくれます。

内覧会を後にして、歩いて銀座へと移動。妻の用事をすませた後、軽い夕食を頂くことに。内覧会では三菱一号館美術館内のカフェ1894で飲み物やフィンガーフードがサービスされたので、和カフェで軽い夕食です。

ホテル東急ステイ銀座一階にある「茶Cafe竹若」では、和のスイーツの他に軽い和定食を頂けます。
鯛煎茶漬けを注文しましたが、何とご飯と鯛は一杯ずつおかわりが可能です。
茶Cafe竹若

落ち着いた雰囲気で、天井が高く開放感のある和カフェで、銀座の穴場カフェです。

オーストリア大使館で「マリア・テレジア生誕300年記念 ウィーン・プロダクツ展 2017」2017/10/12

今日はご招待ということで、オーストリア大使館(建物はかの槇文彦氏の設計)で開催されている「マリア・テレジア生誕300年記念 ウィーン・プロダクツ展 2017」に行ってきました。
ロビーに入るとウィーンの名窯アウガルテンのペインターさんが実演しています。
ウィーン・プロダクツ展2017 オーストリア大使館

右手のホールではロブマイヤーのグラス(高価なので取扱いに気を使います。)でカクテルやカナッペを頂くことができました。ウィーンにあるシャトーのワインの試飲やモーツアルトやシシー肖像画描かれたお菓子の紹介などもあります。
一番気に入ったのは、クリムトの接吻が描かれたスパークリングワインです。
ウィーン・プロダクツ展2017 オーストリア大使館

左手のサロンはロブマイヤーのグラス、家具、オ-ストリア金貨の紹介などがあり、奥にはベーゼンドルファーのピアノが。置かれていたのは25台しか製造されないクリムト「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」が描かれたピアノです。金箔を実際に貼りつけているそうです。
ウィーン・プロダクツ展2017 オーストリア大使館

ウィーン・プロダクツ展2017 オーストリア大使館

このピアノを使ったウィーンにゆかりのある曲の演奏会もあり、素敵な時間を過ごせました。
ウィーン・プロダクツ展2017 オーストリア大使館

久しぶりに「音楽日和」のコンサートへ2017/10/10

最近申込みしても抽選で外れてばかりいた「音楽日和」のコンサートへ久しぶりに行ってきました。と言っても辞退者がいたということでの繰り上げ当選ですが。席の希望はS席でしたが、他の席でも良いという申込みをしたので、今回は後ろの右端のA席でした。
サントリーホールは半年ばかりリニューアル工事のために閉館し、9月に開館したばかり
ですが、ちょっと見た限りでは、どこをリニューアルしたのかわかりません。(サントリーホールのWEBサイトには詳しい説明が載っています。)
A席に座るのは初めてでしたが、このホール、さすがに音響が良く、後ろの端の席でも、オーケストラの各パートの音がバランス良く聞くことができました。

音楽日和

オーケストラは東京交響楽団。指揮者は映画「おくりびと」で山形交響楽団の指揮者として出演した飯森範親氏です。アンコールでおくりびとのテーマ曲でも演奏したらおもしろかったのですが、音楽日和のアンコール曲は必ずエルガー「威風堂々」となっています。

曲目はロシア系のポピュラーな曲ばかりです。チャイコフスキーの三大バレエは組曲ではなくバレエ音楽の中のポピュラーな曲の演奏です。
上原彩子さんのラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」は演奏当初は少しピアノの音が小さく感じられたのですが、曲が進むにつれて、オーケストラの音とバランスがとれた響きになったように思います。
聞きなれた曲ばかりですが、素敵なコンサトホールで聞く生の演奏は素晴らしい体験です。

映画「パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち」2017/08/14

今日はBUNKAMURA ル・シネマで上映されている「パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち」を鑑賞してきました。原題は「BACKSTAGE」。本番の舞台を記録した映画ではなく、パリ・オペラ座のエトワール、プルミエ・ダンスールの練習風景やリハーサル風景を記録したドキュメンタリーです。
パリ・オペラ座のバレエ団と言えば、世界最高峰で、300年以上の歴史を持つ世界最古のバレエ団です。その舞台裏が見れるとあって、絶対に鑑賞したいと期待していました。

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち

エトワールを退いたアニエス・ルテステュの現役時の練習風景やプルミエ・ダンスールのオニール八菜への指導風景など、普段目にすることのできない貴重な舞台裏の映像の数々は必見です。

根津美術館「やきもの勉強会」へ2017/08/11

久しぶりに根津美術館へ。やきもの勉強会と言ってもセミナーなどではなく、中国、日本の大皿、小皿の企画展です。

根津美術館 やきもの勉強会

かなり充実した企画展で、今まで見たこともない柄の染付の大皿、独特な柄の織部の大皿などをじっくり鑑賞できました。
鑑賞していてちょっと驚いたのは、欧米の観光客とおぼしき人が多かったこと。根津美術館、欧米の旅行ガイドで評価が高いのでしょうか?

日本橋高島屋の「ス・テ・キ展」2017/08/05

今日は黒柳徹子さんと田川啓二さんがコラボした展覧会へ。
このお二人、テーブルウェア・フェスティバルのテーブルコーディネート展示でもコラボしたことがあり、黒柳さんは相当ビーズ刺繍がお好きなんでしょう。
会場は「フラワーズ」、「和」、「シノワズリ」、「オリエンタル」のコーナーに分かれていて、黒柳さんが長年集めてきた、いかにも高価そうなドレス、着物、宮廷衣装などが展示されています。さらに田川さんとコラボしたビーズ刺繍の着物やドレスもあり、会場は相当華やいだ雰囲気でした。
シンプルでモダンなファッションが多い現代において、宝塚の舞台衣装もびっくりの展示品の数々はかなり独特の世界観を作っています。

ス・テ・キ展

チャイコフスキー 三大バレエ ハイライトのコンサートへ2017/07/13

チャイコフスキーの三大バレエ、「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」の名場面を集めたコンサートに行ってきました。
バレエ団は「キエフ・クラシック・バレエ」。有名な「キエフ・バレエ」とは別のバレエ団で、パンフレットによると、正式名称は「キエフ市立アカデミー・オペラ・バレエ青少年劇場バレエ」です。若手のバレエダンサーの団体で、「キエフ・バレエ」からゲスト・ダンサーを迎えて公演を行うこともあるようです。

キエフ・クラシック・バレエ

さて公演ですが、音楽は録音音源を利用するのは仕方ないですが、「くるみ割り人形」の花のワルツは、BS放送やBDで鑑賞したマリインスキーのバレエと比較すると、正直なところ、しょぼい感じです。マリインスキーの華麗でダイナミックな踊りのあるバレエと比較するのは酷ではありますが。
「白鳥の湖」、「眠れる森の美女」の方もこじんまりした印象ですが、ダンサーのダイナミックな動きもあり、「くるみ割り人形」よりずっと良かったように思います。

ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートへ2017/06/29

4年ぶりにドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートへ行ってきました。前回はオール・ベートーベン・プログラムでしたが、今回はウェーバー、ベートーベン、ブラームスとオール・ドイツ音楽・プログラムです。

ウェーバーの序曲は聞いたことがない曲ですが、ポピュラーなベートーベン ピアノ協奏曲第5番とブラームス 交響曲第1番はクラシックを聴き始めた若き日に真っ先に好きになった曲でもあります。

ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

小川典子さんのピアノ演奏を聴くのは初めてでしたが、研ぎ澄まされたようなクリアな音色で、「皇帝」に相応しい堂々とした演奏でした。
ブラームス 交響曲第1番は弦楽器の響きが重厚で、第四楽章のラストへの盛り上がりは素晴らしいものがありました。

夕食は三軒茶屋の銀座アスターで頂きましたが、ラストオーダーの時間が9時から8時40分に繰り上がったので、ぎりぎりセーフで入店できました。