今年のバラの開花は早い2018/04/30

今年の桜は例年より10日程度開花が早かったようですが、4月は高温の日が多かったため、バラの開花も早くなり、4月下旬には開花が始まりました。

例年通り、開花が早かったのはアンブリッジ・ローズ、クイーン・オブ・スウェーデン、ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールです。

花の美しさは例年通りでしょうか?アンブリッジ・ローズは一時期、樹形が乱れていましたが、多少まとまった形になってきました。ただ枝が細いのは相変わらずです。

アンブリッジ・ローズ
アンブリッジ・ローズ

クイーン・オブ・スウェーデン
クイーン・オブ・スウェーデン

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール(プランター)
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

今年のバラはちょっと早咲きで、花付きはまあまあ②2017/05/15

レオナルド・ダ・ヴィンチ(地植え)
例年よりオベリスクの中間あたりの花付きがちょっと少ない。
レオナルド・ダ・ヴィンチ

クイーン・オブ・スウェーデン (プランター)
例年、安定してたくさん咲きます。今年は秋にも咲いて欲しいなあ。
クイーン・オブ・スウェーデン

アンブリッジ・ローズ(地植え)
ボレロと同じように、あまり大きくなりませんが、もう少し樹形が充実して欲しい。
アンブリッジ・ローズ

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール(地植え)
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

今年のバラはちょっと早咲きで、花付きはまあまあ①2017/05/15

今年もバラの季節がやってきました。ブログには書いていませんが、冬の剪定、土の入れ換え、肥料やり、3月中旬からの殺菌剤散布(複数の殺菌剤をローテーションして毎週1回)、オルトラン粒剤の散布、水やり、摘心と、やることはたくさんありました。

温かいというよりは、4月後半から熱い日が続いたせいか、例年より少し早咲きでした。
花付きは品種によってばらつきがありますが、全体的に見れば、まあまあでしょう。
但し、根頭ガン腫のシャルトルーズ・ドゥ・パルムはまたまたコブができて元気なく、一輪のみ咲きました。

同じく根頭ガン腫のルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール(プランター)とボレロは根元にコブがずっとできないままで、花付きもいたって普通。不治の病の根頭ガン腫が治った???

シルバースター(プランター)
シルバースター

シャルトルーズ・ドゥ・パルム(プランター)
シャルトルーズ・ドゥ・パルム

ピエール・ドゥ・ロンサール(プランター)
例年よりオベリスクの下の方の花付きがいいような...
ピエール・ドゥ・ロンサール

バレンシア(プランター)
バレンシア

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール(プランター)
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

クレア・オースチン(プランター)
例年より花が多いようです。
クレア・オースチン

ボレロ(地植え)
あまり大きくなりまぜんが、花付きはまあまあ。
ボレロ

今年のバラは例年比べて1週間程度早咲き12016/05/09

バラ開花の季節になってきました。我が家のバラはどうかというと、冬の剪定時に、大型プランター、地植えとも、土の一部を新しい培養土と発酵牛糞をに入換えましたが、今年はいつも購入しているものを、別のメーカーのものに変えてみました。

この効果があったのかどうか、一部のバラは例年より花付きがいいような...
株が充実したせいかもしれませんが。

シルバースター
こちらは例年通りの花付き。
シルバースター

シャルトルーズ・ドゥ・パルム
こちらは根頭癌腫病が落ち着いていないため、根頭にコブが周期的にできて大輪の花は
少ないですが、咲いた花は大輪で香りが強いです。
シャルトルーズ・ドゥ・パルム

ピエール・ドゥ・ロンサール
明らかにオベリスクの下の方まで蕾がついて、花が多いです。
ピエール・ドゥ・ロンサール

バレンシア
明らかに花が多いです。
バレンシア

ルージュピエール・ドゥ・ロンサール(プランター植え・地植え)
こちらの花付きは例年通りですが、蕾まま開花しないことはほとんどありませんでした。
プランター植えの方は根頭癌腫病ですが、最近、根頭を見てもコブが見当たりませんし、地植えより花付きがいい不思議なバラです。
ルージュピエール・ドゥ・ロンサール(プランター植え・地植え)

ボレロ
こちらも根頭癌腫病ですが、根頭を見てもコブが見当たりません。花付きは例年並みでしょうか?
ボレロ

バラの剪定・寒肥・オルトラン粒剤散布完了22015/02/16

昨年は殺菌剤散布をはじめて間もなく、ダコニールの薬害があってガッカリしましたが、ベト病対策にはエムダイファーを散布しようと思います。
毎年、「今年こそは何の問題もなく咲いてください。」と思うのですが、全く病気、薬害に罹らないことはないので、なかなか無病息災とはいかないようです。

クレア・オースチン
クレア・オースチン

レオナルド・ダ・ヴィンチ
レオナルド・ダ・ヴィンチ

ナエマ
ナエマ

クイーン・オブ・スウェーデン
クイーン・オブ・スウェーデン

アンブリッジ・ローズ
アンブリッジ・ローズ

レモン&ジンジャー
レモン&ジンジャー

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

バラの剪定・寒肥・オルトラン粒剤散布完了12015/02/16

我が家の庭のバラの剪定、寒肥、オルトラン粒剤の散布が完了しました。
剪定は1月中には終わっていましたが、寒肥、オルトラン粒剤の散布はまだでした。
プランターの場合、家のプランターは大型で、苗を抜くことはできないので、上の方の土の入換え、骨粉入り油粕をプランター周囲に埋め込んでいます。
地植えのバラはさらに牛糞を周囲の土に埋め込んでいます。
根頭ガン腫病のバラ(シュルトルーズ・ドゥ・パルム、ボレロ、プランターの方のルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール)は根元のコブを削除して殺菌剤を撒き、剪定鋏も殺菌です。

シルバースター
シルバースター

シュルトルーズ・ドゥ・パルム
シュルトルーズ・ドゥ・パルム

ピエール・ドゥ・ロンサール
ピエール・ドゥ・ロンサール

バレンシア
バレンシア

ボレロ
ボレロ

伊豆の踊子(カルト・ドール)
伊豆の踊子(カルト・ドール)

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

夏バラの状況2014/08/18

春に大半のバラが薬害に罹ったり、シャルトルーズ・ドゥ・パルムが根頭ガン腫病になるなど、今年は冴えない年になりましたが、薬害がこわくなって殺菌剤の散布をやめたところ、何と梅雨も過ぎて夏後半になったのに、黒星病に罹っていないのです。
株が充実してきたからなのか、どうなっているのでしょう?
2009年5月からバラを育て始めて5年余り。未だにわからないことばかりです。バラの育成はなかなか順調にいかないから、やりがいがあるとも言えますが。

シャルトルーズ・ドゥ・パルム
ガンを切除したら、元気回復。幾つも香りの良い花を咲かせました。
シャルトルーズ・ドゥ・パルム

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
こちらも根頭ガン腫病に罹ったバラ。こちらもまたコブを切除したら、何とベイサルシュートが二つも。まめに根元のコブをチェックした方が良いようです。
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

伊豆の踊子(カルトドール)
レモン&ジンジャーと同様に枝が真っ直ぐよく伸びます。花はオルードローズのように、なかなかディープカップのように咲いてくれません。
伊豆の踊子(カルトドール)

バレンシア
少し小ぶりですが大輪の花が咲いています。
バレンシア バラ

クレア・オースチンやシルバースターも幾つか蕾がついて咲いていますが、夏なので、小さな蕾は取り除いて、秋のために体力を温存するようにしています。

バラが開花を始めましたⅡ2014/05/14

本格的にクライミングローズも咲き始めました。
でもやはりオベリスクの上の方ばかりが咲いて、下の方は咲かない...
上の方は1/3くらいバッサリ切ったのに...
小山内健氏の説明通りにはいかないようです。

今年は思い切って、上から1/2のところでバッサリ切りましょうか?

ピエール・ドゥ・ロンサール
ピエール・ドゥ・ロンサール

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール(プランター)
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール(地植え)
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

バレンシア
もっと深く剪定すべきだったか? 意外と背が高いです。
後ろは「咲き始めるかな?」という時期のレオナルド・ダ・ヴィンチ。
バレンシア

ボレロ
例年と同じような樹形。下向きも例年通り。
ボレロ