ドマーニのショールームを見て、夕食は日本橋高島屋の資生堂パーラーへ2017/06/24

我が家のリビング・ダイニングルームのAVラック(オーディオテクニカ製)とTV台(ソニー製)は相当古い物でインテリアにもマッチしていません。
ということで、日本橋にあるカリモク家具の高級ライン、ドマーニのショールムを訪れました。
手持ちのAV機器の収納とスピーカー(往年の銘器、ヤマハNS-1000M)2台、47インチの液晶TVを載せるのに相応しいAVボードはあるのでしょうか?
それほど種類が多いわけではないですが、収納可能なAVボードはありました。ただお値段はドマーニだけあってお高い...
ドマーニ カリモク家具

急いでいるわけでもないので、ネットでも調べてみましょう。ヤマハ(使っているAVアンプはヤマハ製)が好きなのですが、現在、AV家具は扱っていないようです。昔はキッチンセットも作っていたのですが。
ショールームを出たら、ちょうど夕食の時間。久しぶりに近くの日本橋高島屋の資生堂パーラーに行くことにしました。
お目当ては、ミートクロケット。いつもの高島屋店限定プリフィクスディナーで頂きます。

前菜は今月のオードブルのアジアンな春巻きです。ピリ辛ソースが添えられます。
日本橋高島屋 資生堂パーラー

メイン料理は勿論、ミートクロケット。
日本橋高島屋 資生堂パーラー

デセールはストロベリーのミニパフェです。
日本橋高島屋 資生堂パーラー

虎ノ門の智美術館併設のレストラン ヴォワ・ラクテはカフェの穴場2017/05/02

六本木一丁目、虎ノ門界隈はビジネス街のためか、スタバ、タリーズ、ドトールばかりで、落ち着いたカフェがありませんでした。そのため静かな雰囲気でお茶をしたい場合、ホテルオークラのカメリアなどを利用していました。
もう少しこじんまりとして、庭園を見ながらお茶をしたいということで、いつも智美術館の前を通り過ぎて利用したことがなかった、併設のレストラン ヴォワ・ラクテに行ってみました。
雰囲気が良いことはわかっていましたが、デザートもおいしくて、このレストランのカフェタイムは利用価値大です。

レストラン ヴォワ・ラクテ


レストラン ヴォワ・ラクテ

レストラン ヴォワ・ラクテ

レストラン ヴォワ・ラクテ

映画「マイ ビューティフル ガーデン」 夕食は銀座三越「ディムジョイ」で飲茶2017/04/25

今日はシネスイッチ銀座で映画「マイ ビューティフル ガーデン」を観てきました。非常に便利な場所にあるシネスイッチ銀座ですが、最後に映画を観たのは相当昔で、どんな映画館かも忘れていました。正直なところ、シートはまずまずですが、古ぼけたインテリアで 高齢者は階段の上り下りがつらそうでした。

マイ ビューティフル ガーデン

映画の方は、ガーデニングをテーマにしていますが、都会のおとぎ話のような優しい雰囲気を持った映画で、もう一度見たくなりました。

隣人の偏屈な老人、アルフィー役を「ゴーストライター」、「恋に落ちたシェイクスピア」のトム・ウィルキンソン。心優しい家政夫(?)役に「007スペクター」のアンドリュー・スコットが演じています、アンドリュー・スコットは鑑賞中、どこかで見た顔だと思いましたが、どこで見たのか思い出せませんでしたが、スペクターの一員、Cの悪役だったんですね。この映画では飄々としながらも心優しい家政夫(?)役を好演していました。
ストーリーで残念だったのは、最後にアルフィーが亡くなってしまうこと。これはちょっと納得できません。優しい雰囲気が断ち切られたように思いました。

映画を観た後、夕食まで少し時間があるので、開業したばかりのGINZA SIXを見に行きました。エスカレーターの途中でパチリ。屋上庭園は広くて眺めが良く、まさしく都会のオアシスです。

GINZA SIX

夕食は銀座三越「ディムジョイ」で飲茶を頂きました。
お食事点心セットに一品料理とデザートを追加です。

5種蒸点心
銀座三越「ディムジョイ」

国産牛バラ肉と干し湯葉のじっくり煮込み 中国味噌の香り
銀座三越「ディムジョイ」

オリエンタル海鮮炒飯
銀座三越「ディムジョイ」

濃厚マンゴープリンのパフェ仕立て ココナッツアイス添え
銀座三越「ディムジョイ」

久しぶりに点心を頂きましたが、一品料理、デザートも美味しくて、気軽に利用できるレストランでした。


日本橋室町YUITOの「ブラッセリーD」でランチ2017/04/15

日本橋室町でランチやディナーを頂く場合、いつもはコレド室町、日本橋三越、千疋屋のどこかになるのですが、今日は初めてYUITOで食事をすることにしました。
選んだレストランはブラッセリーDですが、ブラッセリ― ディ アンド スィートルームともいうだけあって、スイーツもお勧めのようです。
ピンクを基調とした。フェミニンなインテリアでスイーツが美味しいためか、店内は女性のグループ客が大勢いました。

日本橋室町YUITO ブラッセリーD

日本橋室町YUITO ブラッセリーD

お料理はビストロ、ブラッセリーのオーソドックスなもので、お味も良かったです。

パテ・ド・カンパーニュ
日本橋室町YUITO ブラッセリーD

イサキのポワレ
日本橋室町YUITO ブラッセリーD

ピスタチオとコーヒーのアイススイーツ
日本橋室町YUITO ブラッセリーD

スイーツですが、妻が選んだパルフェ・オ・ショコラ・ショウ(+¥200)を少し頂きましたが、追加料金を払うだけの価値のある美味しさです。
女性のグループ客が多いので、ちょっと騒々しいのが難点ですが、気軽にランチを頂くには便利なレストランでした。

六本木ヒルズでお花見 夕食はさくら坂の「ローダーデール」2017/04/09

例年、千鳥ヶ淵、北の丸公園にお花見に行きましたが、今年は行かないで六本木界隈でお花見です。4月2日にちらっと東京ミッドタウンの桜を見ましたが、その後、寒い日が続いたせいか、まだ桜が咲いています。
今日は六本木ヒルズの夜桜を見に行くことに。満開を少し過ぎた感じでしたが、さくら坂の桜は葉桜にはなっていませんでした。あと数日ですべて散ってしまうでしょう。

六本木ヒルズでお花見

六本木ヒルズでお花見

夕食はさくら坂に面したローダーデールで頂くことに。このレストラン、お花見やイルミネーションの季節に予約なしで行くと、ほとんど入れません。今日はテラス席なら空いているというので、少し寒かったですが、お花見しながら食事をすることにしました。

六本木ヒルズ ローダーデール

ニース風のサラダの後に牛ハラミのステーキ
六本木ヒルズ ローダーデール

パスタはヤリイカのペペロンチーノ(と言っても具だくさんです。)
六本木ヒルズ ローダーデール

ここは一品の量が多いので二人でシェアした方が良いです。

今年も結婚記念日は「トゥールダルジャン」でディナー2017/03/19

今年も3月がやってきて結婚記念日になりました。予約の関係で記念日の20日ではなく19日に利用しましたが。 メニューはアニヴァーサリーメニューですが、通常のコースメニューを少し変えたもののようです。昨年は鴨料理がエスニックな味付けだったので、「ちょっとこれはねえ。」と思ったのですが、今年は素晴らしい素材を生かした、オーソドックスな味付けながら、きらりと光るような仕上がりの料理でした。デセールを除いて、すべて旬のフランス産白アスパラガスが使われています。
サービスですが、最後の小菓子のサービスが遅かったことを除けば、グランメゾンに相応しいサービスでした。
トゥールダルジャン

銀座の穴場カフェ 「ロイヤルクリスタルカフェ」2017/03/03

銀座に行ってちょっとカフェで一休みしたいと思って、お目当てのカフェに行くと、いつも長い行列。そんな時にたいてい空いていて、雰囲気の良い穴場のカフェが並木通りにある「ロイヤルクリスタルカフェ」です。
ここはあの「ドトール」のオーナーがインテリア、食器、コーヒーにこだわって作ったカフェで、写真のように、ルネラリックのクリスタルガラスがをインテリアのいたるところに使われていて、飾られている絵画もマリーローランサンなどの油絵です。
食器もマイセン、柿右衛門、ミントン、KPMなど名窯の器が使われています。

一階エントランスホール カフェは地下一階です。
ロイヤルクリスタルカフェ

ロイヤルクリスタルカフェ

ロイヤルクリスタルカフェ

ロイヤルクリスタルカフェ

ロイヤルクリスタルカフェ

ロイヤルクリスタルカフェ

ロイヤルクリスタルカフェ

レストルームにもラリックのインテリア
ロイヤルクリスタルカフェ

今年も「京あるき」と青山通りをビデオ撮影 夕食は表参道の「カフェ・ラントマン」2017/02/19

恒例の「京あるき」に今年も参加してきました。今回もパンフレットを見て、効率良くお店を回ってスタンプを押しました。但しジャンルごとにスタンプを押したかったので、すべてのスタンプを押すのに17(日本橋室町界隈)、18(青山通り)、19(東京駅)日の三日間かかりました。

京あるき
また今年は超有名なのに一度も入場したことがない聖徳記念絵画館にスタンプがあるので、二日目(18日)にここに行き、ついでに青山通りを赤坂見附から表参道をビデオ撮影し、夕食は表参道Aoビルの「カフェ・ラントマン」で頂くという盛りだくさん(?)のスケジュールです。
聖徳記念絵画館
聖徳記念絵画館



さすがに青山通りを歩きながら、途中で聖徳記念絵画館で有名な明治維新の絵を鑑賞し、ビデオ撮影すると疲れました。 そんな時の寒い季節の夕食には「カフェ・ラントマン」はすごく居心地が良いです。
カフェ・ラントマン
冬のメニューから、メインは鹿肉の赤ワイン煮を選びました。
カフェ・ラントマン
カフェ・ラントマン
カフェ・ラントマン
カフェ・ラントマン