三菱一号館美術館「パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」の内覧会2017/10/17

三菱一号館美術館のロートレックを中心とした19世紀末の版画やリトグラフの展覧会の内覧会の招待状を頂いたので行ってきました。

パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

この展覧会、誰でも一度は目にしたことのあるロートレックのポスター、ナビ派のボナール、ドニやヴァロットンのリトグラフや版画が一堂に会しています。
有名なロートレックのポスターが展示されているコーナーは写真撮影可能でした。
パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展

改めてこの19世紀末のポスター、版画、リトグラフを鑑賞すると、絵画芸術が貴族から裕福な市民に主役が移っていったことを実感させてくれます。

内覧会を後にして、歩いて銀座へと移動。妻の用事をすませた後、軽い夕食を頂くことに。内覧会では三菱一号館美術館内のカフェ1894で飲み物やフィンガーフードがサービスされたので、和カフェで軽い夕食です。

ホテル東急ステイ銀座一階にある「茶Cafe竹若」では、和のスイーツの他に軽い和定食を頂けます。
鯛煎茶漬けを注文しましたが、何とご飯と鯛は一杯ずつおかわりが可能です。
茶Cafe竹若

落ち着いた雰囲気で、天井が高く開放感のある和カフェで、銀座の穴場カフェです。

ホテルニューオータニの「トレーダーヴィックス東京」で夕食2017/10/11

8日は私の誕生日ですが、8日は家の近くの「銀座アスター」で軽く食事して、本命は今日のトレーダーヴィックスでの食事です。
ここを訪れるのは何十年ぶりでしょうか?
何故ずっとここを敬遠していたのか?それはエスニック的な味付けの料理が嫌いだからです。カレーもインドカレーより欧風ビーフカレーの方を好みます。

ところがNew Otani Clubの会員として季節ごとに送られてくる案内状の中に、トレーダーヴィックスのプリフィクスディナーコースの優待券の内容をを見てから、行ってみてもいいかな?という気持ちになりました。リゾート気分あふれるレストランですし。

New Otani Clubラウンジで一休みしながら、トレーダーヴィックスのニュースレターを眺めていると、ホテルのレストランとは思えないハッピーアワーをレストラン内のボートハウスバーで17:00から毎日開催しているではありませんか。
食事の予約時間は18:00ですが、食前にバーでカクテルを楽しもうと17:30に訪れました。

ハロウィンが近いということで、いろいろ飾り付けされています。
トレーダーヴィックス

レストラン内のボートハウスバー
トレーダーヴィックス

カクテル マイタイ トロピカルな甘い味がおいしい。トレーダー・ヴィックス発祥のカクテル。
トレーダーヴィックス

ダイニングルーム
トレーダーヴィックス

トレーダーヴィックス

お料理はNew Otani Club会員用のプリフィクスディナーコース
トレーダーヴィックス

「コスモティ ドビッツ バーベキュースペアリブ、海老のフライ、クラブラングーン&薄切りポーク」
程よい甘さのスペアリブがとてもおいしいです。海老のフライなども付け合せのソースにつけて頂くとこれまたおいしいです。
トレーダーヴィックス

スープは「牡蠣とほうれん草のクリームスープ ”ボンゴ ボンゴ”」を選びました。
牡蠣とほうれん草のグランタンという料理があるように、このスープ、相性が悪いはずがありません。牡蠣の風味がたっぷりはいったクリームスープです。贅沢を言えば、牡蠣が入っていればと思います。
トレーダーヴィックス

メインディッシュは「バーベキュー 牛フィレステーキ」を選択。
USビーフだと思いますが、ミディアムレアに丁寧に焼き上げた牛フィレ肉は柔らかく、そのまま頂いても旨味もあり、添えられたソースと一緒に頂くと一層おいしくなります。
トレーダーヴィックス

トレーダーヴィックス

デザートは「トレーダーヴィックス チーズケーキ」
かなり濃厚なチーズケーキでボリュームがあります。添えられたフランボワーズやアプリコットのソースも濃厚で、デザートは別腹とは言え、お腹がいっぱいになりました。
トレーダーヴィックス チーズケーキ

トレーダーヴィックス

食事を終えて、今までトレーダーヴィックスを敬遠して損していたなあと思いました。
コリアンダーを使ったようなエスニック的な味付けは全くなく、どの料理もおいしいし、独特の南国的なインテリアは気分転換にもなるし、高級ホテルらしくサービスも丁寧でしっかりしています。欧米のお客さんも多く、欧米の男性が一人で気軽に利用していたのが印象的でした。またバーでカクテルとおつまみを頂くようなシチュエーションでも利用できるのもとても便利です。

六本木アクシスビルにあるフレンチ「ブラッセリー ヴァトゥ」で夕食2017/09/23

秋になりフレンチが恋しくなる季節になりました。この時期に食べたくなるのが、定番の肉料理「牛頬肉の赤ワイン煮込み」です。「ステーキ・フリット」を出すビストロやブラッセリーは多いですが、意外と「牛頬肉の赤ワイン煮込み」を出すレストランは少ないです。手間もワインもたくさん必要だからでしょうか?

アクシスビルにある「ブラッセリー ヴァトゥ」はワインの輸入商社が経営しているので、「牛頬肉の赤ワイン煮込み」はいつもメニューに載っています。さらにこのレストランの良いところはハーフポーションが選べること。他の料理も楽しみながら、気軽にこの料理も楽しめます。
なおこのレストランの一番いやな所は、禁煙席と喫煙席の区別が全くないこと。喫煙者の席の隣に座ることがしばしばあります。奥に個室があり、テラス席もあるのですから、喫煙者はテラス席や個室に限定してもらいたいものです。
今回も喫煙者の煙にイライラすることがありました。

頂いた料理は下記の通りです。
温製きのこサラダ
ブラッセリー ヴァトゥ

ポルチーニのリゾット 鶏肉のグリル添え
ブラッセリー ヴァトゥ

ホタテ貝のポワレ グルノーブル風 焦がしバターソース 1/2 (妻)
ブラッセリー ヴァトゥ

牛ホホ肉の赤ワイン煮 1/2 (私)
ブラッセリー ヴァトゥ

ここのフレンチの定番料理はおいしいです。だからこそ喫煙者の煙に料理の味が損なわれるのが非常に残念です。

ホテルオークラ東京 コーヒーショップ ダイニングカフェ「カメリア」でランチ2017/09/18

ここ数日、野菜不足の食事が続いたので、ホテルオークラ東京「カメリア」のサラダバーがついているセレクションランチを頂くことにしました。
祝日のためか店内はほぼ満席状態で、驚いたのは私たちの席のすぐ後ろに北朝鮮から帰国したばかりのアントニオ猪木さんが座っていたこと。独特のオーラを放っていました。
そんなことがありましたが、野菜不足を補おうと二度もサラダバーに行って、トマト、ブロッコリー、オリーブをたくさん頂きました。

ホテルオークラ東京 カメリア

メインの料理は「白身魚とホタテのムース サフランソースの香り」です。
ホテルオークラ東京 カメリア

いかにもヘルシーな軽い魚料理でサラダバーとの組合せにはぴったりでした。

「日本橋いづもや」で鰻料理のランチ2017/09/16

三越のお帳場カードを持っているのですが、毎月送られてくる案内の中に日本橋三四四会のお得なランチ情報が。ちなみに日本橋三四四会については、こちら(www.344.gr.jp)をご覧ください。

いろいろなお店のランチ情報の中に、日本橋三越地下の店で食事したり、持ち帰りでも利用している鰻料理の「日本橋いづもや」がありました。そのランチの内容に惹かれて初めて本店を訪れました。
本店は建物が二つに分かれていて、本館と別館に分かれています。別館のテーブル席で頂きました。

日本橋 鰻いづもや

日本橋 鰻いづもや

白焼き(わさび醤油で頂きます)、蒲焼き、うな玉ごはん、味噌汁、お新香の組合せです。
味噌汁より肝吸いの方がいいのですが。
このお店の鰻はふっくら柔らかく、タレの浸み込んだご飯がおいしい。このご飯にさらに濃厚な生卵が加わるとまたおいしい。正直、伊勢定、竹葉亭よりもいづもやの方が好みです。

鰻料理を頂いた後は甘いものが欲しくなります。そこでお近くのコレド室町にある鶴屋吉信へ。
クリームあんみつを注文。
日本橋 鶴屋吉信

程よい甘さは〆にぴったりでした。

妻の誕生日にホテルオークタ東京ベイのレストラン「フォンタナ」へ2017/09/05

今日は妻の誕生日です。記念に食事をということで、どのレストランに行くか迷ったのですが...
実は妻は友人と今月「トゥールダルジャン」に食事に行くので、今日はレジャー気分で軽くランチということで、車で久しぶりにホテルオークタ東京ベイのレストラン「フォンタナ」へ行くことにしました。

ホテルオークラ東京ベイ

平日のディズニーリゾートのホテルのランチということで、かなり空いていました。宿泊客はディズニーリゾートにお出かけですから。
お祝いランチコースを注文しました。One Harmonyの会員なので、記念のホールケーキが付きます。

一口のお楽しみ
ホテルオークラ東京ベイ

オードヴルの盛り合わせ
ホテルオークラ東京ベイ

かぼちゃのクリームスープ
ホテルオークラ東京ベイ

牛フィレ肉のソテー フォワグラ添え
ホテルオークラ東京ベイ

本日のデザート
ホテルオークラ東京ベイ

まあ無難な料理内容でホテルのフランス料理らしいですが、もう少しシェフの独創的な料理があってもと思いました。

大丸東京店の伊勢定で夕食2017/07/29

鰻を食べたい時は、場所が便利でリーズナブルな銀座竹葉亭に行くことが多かったのですが、鰻が生臭い時があってから敬遠気味で、大丸東京店の伊勢定に行くことにことにしています。
食べログの評価では小骨が残っていることがあるというレビューがありますが、私が利用した時はそのようなこともなく、いつもおいしく頂いています。
お刺身のついた日本橋膳「松」を注文。

大丸東京店 伊勢定

個人的にはもう少し甘めのタレの方が好きですが、ふっくらとした鰻は安定したおいしさです。値段を抑えているので、隣との席はかなり狭いですが仕方がないでしょう。

日本橋三越のハロッズが閉店 夕食は帝国ホテルのパークサイドダイナーで2017/07/22

日本橋三越のハロッズが閉店ということを知ったのは、三越のお中元のカタログからでした。無難な選択として、ハロッズやフォートナム&メイソンの商品を贈ることが多いのですが、カタログのどこを探してもハロッズの商品がありません。
そこで三越に問い合わせてみると、何と8月に日本から撤退するとのこと。これにはちょっと驚きました。三越といえば、玄関のライオン像、ハロッズ・グッズの数々、恒例の英国展からハロッズをイメージしたデパートという印象があったからです。三越の買物の合間に何度カフェに行ったことか。
今日は日本橋三越に行く予定があったので、カフェを利用してみました。まだ閉店まで時間がありますが、グッズの一部はセールになっていました。

三越のお買物の後は帝国ホテルへ。ショッピングアーケードを覗いた後にパークサイドダイナーで夕食です。ダイナーセットを注文。

南仏野菜の煮込み、タルト仕立て
帝国ホテル パークサイド・ダイナー

ステーキ丼
帝国ホテル パークサイド・ダイナー

フルーツサンデー
帝国ホテル パークサイド・ダイナー

オーソドックスな味付けでステーキのお肉も柔らかくておいしかったのですが、メインディッシュのステーキ丼の量が少ないです。外国人にはかなり物足りなく感じると思います。