日本橋 浅田で昼食 食後はリニューアルした三井記念美術館へ2022/05/18

今日はリニューアルした三井記念美術館へ行くために、日本橋室町へ。お昼どきでしたので、三井ガーデンホテル日本橋プレミアの9階にある、日本橋 浅田で昼食を頂くことに。加賀料理のお店です。
9階のロビーは和モダンのインテリアの落ち着いた雰囲気で、ミニ・ルーフ・ガーデンもあります。
日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田は大きなダイニングルームはなく、各部屋に分かれていて、入口隣で、江戸通り沿いの「茜-カウンター席」に案内されました。
日本橋 浅田

注文する料理は入店前から、この店の昼食の代表的なメニュー、五段弁当に決めていました。お弁当と言っても、会席風な料理で、先付け、お椀は一品づつ供され、その後に五段に区切られた箱が供されます。上から順にお造り、焼き物、揚げ物、煮物(金沢の代表的な料理、治部煮)、酢の物が入っています。その後にご飯、味噌汁、香の物、最後にお茶と水菓子です。
日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田

日本橋 浅田

お店の雰囲気も良く、サービスも丁寧でした。
日本橋室町で、落ち着いて和食を頂くにはお勧めのお店です。

昼食の後はリニューアルオープンした三井記念美術館へ。「絵のある陶磁器」というテーマで、三井家所蔵の仁清、永楽、乾山などの茶器の展覧会です。
現代の京焼に繋がる、美しい絵柄の陶磁器を楽しめました。
三井記念美術館

リニューアルオープンという事でしたが、この美術館の三井本館の重厚なインテリアは変わらず、正直な所、展示室はどこがリニューアルされたのか、わかりませんでした。カフェはなくなったようで、ミュージアムショップは拡張されて、アートサロンが設けられていましたが。

美術館の後はコレド室町の「にんべん」へ。刃物の「木屋」は何度も利用しているのですが、「にんべん」を利用するのは初めてでした。何度もコレド室町を利用しているのに。店内を見て回ると、スーパーには置いていない商品がたくさんあり、いろいろ購入して帰宅しました。

今年の春バラが開花 12022/05/20

我が家のバラが5月上旬から次々に開花しました。
昨年は開花が4月下旬からでしたので、若干遅れて平年並みでしょうか?

昨年と同様に、冬の作業で元肥、培養土などを大幅に変え、元肥は従来の骨粉油粕+他の有機肥料を、培養土にはニームケーキ(今年はカーメン君お勧めのペレット状のものに変更)と完熟馬糞堆肥を混ぜ込み、完熟馬糞堆肥でマルチングもしました。
但し、昨年とは有機肥料、完熟馬糞堆肥のメーカーを変更し、補充した培養土もメーカーを変えて、連作障害が出ないように配慮しました。
また今年から住友科学園芸の、バラ用活力剤、液体肥料もあげる事にしました。

なおレオナルド ダ ヴィンチのオベリスクがボロボロになってしまったので、大変でしたが、オベリスクの入れ換えも行いました、今度の冬は、ピエール・ドゥ・ロンサール、ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサールのオベリスクも交換が必要です。

アンブリッジ・ローズ(地植え)
例年と花数は同じくらいで、多く咲いてくれました。香りも強いです。デビッド・オースチンのカタログから落ちてしまったので、今後も大切に育てたいと思います。
アンブリッジ・ローズ

バレンシア(プランター)
花の大きさは例年通りでしたが、花数は少ないような。プランターの底の穴から飛び出してしまった根を切ってしまった影響が出たのかもしれません。
バレンシア

シャルトルーズ・ドゥ・パルム(プランター)
花付きは例年通りで、香りも強く、大輪の花でした。ただこのバラ、春の開花後、何故か葉が落ちるのです。まあ一時的な症状ではありますが。
シャルトルーズ・ドゥ・パルム

クレア・オースチン(プランター)
例年のように剪定しましたが、枝が乱れて咲きました。花数は少し少な目です。こちらもバレンシアのように、プランターの底の穴から飛び出してしまった根を切ってしまった影響が出たのかもしれません。
クレア・オースチン

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール(プランター オベリスク仕立て)
例年通り、オベリスクの上の方に蕾がついて咲きました。枝が固いのでオベリスク仕立てに向いてないバラで、低いオベリスクに入れ変えるつもりです。開花しなそうな蕾があると、強引に手で少し開かせて咲かせるのも、例年通りです。
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

クイーン・オブ・スウェーデン(プランター)
昨年と同様に、花数も多く、きれいに咲いてくれました。ただ秋は全く咲かないんですよねえ。
クイーン・オブ・スウェーデン

レオナルド ダ ヴィンチ(地植え オベリスク仕立て)
前のより少し低いオベリスクに入れ換えた時に、枝を減らさざるをえなかったので、花数は少なくなると予想していました。それにしてはよく健闘して、咲いてくれたと思います。
レオナルド ダ ヴィンチ