新年三日目はKITTEの「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」へ2020/01/03

三日目の夕食はKITTEの「おばんざい・炙り焼き・酒 菜な」へ。相変わらずの人気でカウンター席へ。まあ予約していないので、仕方ないでしょう。居酒屋と和食ダイニングバーとの中間のようなお店で、気軽に利用できます。

おばんざい・炙り焼き・酒 菜な

おばんざい・炙り焼き・酒 菜な

おばんざい・炙り焼き・酒 菜な

おばんざい・炙り焼き・酒 菜な

新年二日目は赤坂氷川神社で初詣、夕食はホテルニューオータニのタワー・カフェ2020/01/02

近年は日本橋三越に注文したおせち料理を食べ終わる、二日目の午後から初詣に行きことにしています。今年も赤坂氷川神社に初詣。
夕食は昨年と同じくホテルニューオータニのタワー・カフェへ。
東京タワーの夜景が正面に望めます。

ホテルニューオータニ

注文した料理はローストビーフサンドなどこれまた昨年と同じ。
http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2019/01/02/9128495

元旦にジ・オークラ東京に行きましたが2020/01/01

元旦の夜にオーキッドで軽く夕食を頂こうかとジ・オークラ東京に行きましたが、予約で満席。ホテルオークラ東京の時のようにテラスレストランもないし、別館のカメリアはビュッフェ専用。ここで食事できないと、気軽に利用できる洋食のレストランはなし。
以前から感じていましたが、ショッピングアーケードも縮小し、気軽に過ごすスペースは再現されたロビーラウンジだけ。

オークラ

予約なしで軽食を取ったり、お茶を頂いたりするレストランがオーキッドだけというのは、とても使い勝手の悪いホテルになったように思います。
いずれ別館も取り壊して、この建物だけになると、気軽にこのホテルを利用することはないかなと思いました。
まあせっかく来たので、オーキッドバーでカクテルを頂いて帰ることにしました。

オークラ

おばんざい・炙り焼き・酒 菜な

新装なった東京會舘「ロッシニ」でランチ2019/12/21

建て替えでとても豪華になった東京會舘でランチを頂くことにしました。ロビーにクリスマスの飾り付けがないのは寂しいですが、広々としたロビーは解放感があります。
今日、ランチを頂くところは、ローストビーフ&グリル「ロッシニ」です。
オールデイダイニングの「ロッシニ テラス」も隣接していますが、コースメニューで落ち着いて食事を頂くなら、こちらの方が良いです。
魚料理で有名なメインダイニング「プルニエ」もありますが、「ロッシニ」でも魚料理を選べます。

予約時に窓側の席を希望したので、日比谷通りと皇居外苑が望めます。

東京會舘「ロッシニ」

東京會舘「ロッシニ」

プリフィクスのコースを注文しました。
東京會舘「ロッシニ」

公魚と帆立貝、北海蛸のチリソースマリネ
東京會舘「ロッシニ」

愛媛県産 真鯛のポワレ モンルージュソース
東京會舘「ロッシニ」

デセールは東京會舘名物のマロンシャンテリーに変更しました。
東京會舘「ロッシニ」

席はゆったり、インテリアも落ち着いて高級感があり、料理も美味しいので、同じ日比谷通り沿いの帝国ホテルのレストランよりも使い勝手が良いように思います。

ホテルニューオータニ「トレーダーヴィックス 東京」でランチ2019/12/13

久しぶりに「トレーダーヴィックス 東京」で食事をすることにしました。
独特のインテリアはリゾートに行った気分にさせてくれます。

ホテルニューオータニ「トレーダーヴィックス 東京」

ホテルニューオータニ「トレーダーヴィックス 東京」

ホテルニューオータニ「トレーダーヴィックス 東京」

ノン・アルコールのマイタイ
ホテルニューオータニ「トレーダーヴィックス 東京」

平日のランチはプリフィクスでトレーダーヴィックスの味を楽しむことができます。
牡蠣とほうれん草のクリームスープ
ホテルニューオータニ「トレーダーヴィックス 東京」

トレーダーヴィックスハンバーガー
ホテルニューオータニ「トレーダーヴィックス 東京」

苺のムース
ホテルニューオータニ「トレーダーヴィックス 東京」

国立西洋美術館「ハプスブルグ展」 夕食は三笠会館「Italian Bar LA VIOLA」2019/11/30

「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」に続いて、国立西洋美術館で「ハプスブルグ展」を観てきました。さすがに人気のあるハプスブルグ。チケット購入にかなり待たされました。「リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」のチケットを持っていったので、100円割引です。
ハプスブルグ展

ハプスグルグ展

ハプスブルグ展


会場は広いのですが、かなりの人で混雑していました。目玉は有名なベラスケスのマルガリータ王女の肖像画とマリー・アントワネットの肖像画でしょう。
ベラスケスの弟子のマルガリータ王女の肖像画も展示されていましたが、ベラスケスとの力量の差は歴然でした。
またマリー・アントワネットの肖像画があれほど大きいとは思いませんでした。

シシーとマリア・テレジアの肖像画は一般的な大きさでしたが、シシーはもっと有名な肖像画を展示して欲しかったのと、マリア・テレジアの若き頃の聡明な美少女然とした肖像画も見たかったですね。どうもマリア・テレジアというと、どっしりとした貫禄のある中年の肖像画が多いので。
工芸品や西洋の甲冑も展示されていたので、空いている時にじっくり見たい展覧会でした。

目の保養の後は銀座に移動して、三笠会館「Italian Bar LA VIOLA」で軽く夕食を頂くことにしました。銀座の三笠会館ですが、実は食事するのは初めてです。AGIOなどは何度も利用しているのですが。
インテリアですが、今はないソニービルのパブ・カーディナルに似た落ち着いた、木を生かしたインテリアでした。

三笠会館「Italian Bar LA VIOLA」

イタリアンバールらしく気軽な料理が多いですが、三笠会館伝統の味 鶏の唐揚げも頂けます。

三笠会館「Italian Bar LA VIOLA」

三笠会館「Italian Bar LA VIOLA」

三笠会館「Italian Bar LA VIOLA」

三笠会館「Italian Bar LA VIOLA」

落ち着いた雰囲気なので、気軽に食事したりお茶するには、銀座の穴場のお店だと思いました。

赤坂プリンス クラシックハウス 「ラ メゾン キオイ」でランチ2019/11/18

以前から一度食事をしてみたいと思っていた赤坂プリンス クラシックハウス。
東京都指定有形文化財でもある旧李王邸を利用した、主にウエディングで利用される建物です。正面からはわかりにくいですが、メインのバンケットルームは新しく増築してあります。
建物の周囲はたくさんのバラが植えられていて、雰囲気は申し分ありません。
赤坂プリンス クラシックハウス

赤坂プリンス クラシックハウス

ダイニング「ラ メゾン キオイ」はリーズナブルな価格設定で気軽に利用できます。
そのためネット予約で空き状況を見ると、かなり予約で埋まっていました。
ラ メゾン キオイ

ラ メゾン キオイ

ラ メゾン キオイ

なおこの赤坂プリンス クラシックハウスの運営はプリンスホテルではなく、ホテル・レストラン・バンケットを運営するPlan・Do・See です。丸の内のレストラン シクス バイ オリエンタルホテル も同じグループです。

LA MAISON COURSE プリフィクスのコースを注文しました。
燻製カジキマグロ 柑橘と人参のカルパッチョ
ラ メゾン キオイ

アンガス牛とフォアグラのソテー 下仁田葱とXO醤ソース
ラ メゾン キオイ

無花果のパシュラングラッセ
ラ メゾン キオイ

クラシックな洋館の中で、料理もお値段を考えると美味しく、サービスも丁寧で、人気があるのも納得です。

ホテルニューオータニ 「KATO'S DINING & BAR」でランチ2019/10/31

季節ごとに送られてくるニューオータニ・クラブの優待券があったので、久しぶりに「KATO'S DINING & BAR」でランチを頂くことにしました。
以前は夜に利用していましたが、初めて昼に利用しました。
ちょっと驚いたのはお客さんの多いこと。平日のせいか、ビジネスマンのグループ、マダムのグループでテーブル席は満席でした。

ホテル・ニューオータニ

ホテル・ニューオータニ

ホテル・ニューオータニ

ランチは天丼などの丼物もあり、気軽に若い女性も利用していました。
デザート付きの和膳です。

ホテル・ニューオータニ

ホテル・ニューオータニ