大使、大使夫人による10ヵ国のガーデニング in Okura2015/05/03

今日はホテルオークラ東京で毎年ゴールデンウィークで開催されている「大使、大使夫人による10ヵ国のガーデニング in Okura」へ。
恒例のイベントですが、今年は米国、英国、スペイン、イタリアなどガーデニングが盛んな国が選ばれていて、久しぶりに行ってみることにしました。
会場はさほど広くありませんが、とにかく各国のガーデンの花の多さに驚きました。
写真を多数撮影したので、後日スライドショーにして、YouTubeにアップしようかと考えています。
またルドゥーテの展覧会も併催されていました。

大使、大使夫人による10ヵ国のガーデニング in Okura

大使、大使夫人による10ヵ国のガーデニング in Okura

牡丹が開花2015/04/26

今年も牡丹(鎌田藤)の大輪の花が咲きましたが、何故か今年も咲いたのは二輪だけ。木もほとんど生長しなくて、木の大きさはほとんど変わりません。牡丹とはこんなものなのでしょうか?

牡丹(鎌田藤)

バラの殺菌開始2015/04/06

昨年は春先にダコニールの薬害が発生したため、今年はどのように殺菌しようか迷っていました。
若葉に薬剤を散布すると、また薬害が発生する恐れがあるので、今年は4月から殺菌することにして、ダコニールの散布はやめることにしました。
ベト病に効果のある「エムダイファー」から散布を始めて、「サプロール」、「トップジンMゾル」の順に散布しようと考えています。
但し「エムダイファー」は散布回数に制限があるので1回/月程度にして、サプロールを少し多く散布しようと思います。
これで何とか梅雨を乗り切れれば良いのですが。

バラの剪定・寒肥・オルトラン粒剤散布完了22015/02/16

昨年は殺菌剤散布をはじめて間もなく、ダコニールの薬害があってガッカリしましたが、ベト病対策にはエムダイファーを散布しようと思います。
毎年、「今年こそは何の問題もなく咲いてください。」と思うのですが、全く病気、薬害に罹らないことはないので、なかなか無病息災とはいかないようです。

クレア・オースチン
クレア・オースチン

レオナルド・ダ・ヴィンチ
レオナルド・ダ・ヴィンチ

ナエマ
ナエマ

クイーン・オブ・スウェーデン
クイーン・オブ・スウェーデン

アンブリッジ・ローズ
アンブリッジ・ローズ

レモン&ジンジャー
レモン&ジンジャー

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

バラの剪定・寒肥・オルトラン粒剤散布完了12015/02/16

我が家の庭のバラの剪定、寒肥、オルトラン粒剤の散布が完了しました。
剪定は1月中には終わっていましたが、寒肥、オルトラン粒剤の散布はまだでした。
プランターの場合、家のプランターは大型で、苗を抜くことはできないので、上の方の土の入換え、骨粉入り油粕をプランター周囲に埋め込んでいます。
地植えのバラはさらに牛糞を周囲の土に埋め込んでいます。
根頭ガン腫病のバラ(シュルトルーズ・ドゥ・パルム、ボレロ、プランターの方のルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール)は根元のコブを削除して殺菌剤を撒き、剪定鋏も殺菌です。

シルバースター
シルバースター

シュルトルーズ・ドゥ・パルム
シュルトルーズ・ドゥ・パルム

ピエール・ドゥ・ロンサール
ピエール・ドゥ・ロンサール

バレンシア
バレンシア

ボレロ
ボレロ

伊豆の踊子(カルト・ドール)
伊豆の踊子(カルト・ドール)

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

日比谷公園ガーデニングショー20142014/10/18

今日は時間が空いたので、日比谷公園ガーデニングショーに行ってみることにしました。土曜日とあって、かなりの人出で、噴水前の小音楽堂では大太鼓のイベントで人だかり。しかも大音楽堂からハードロックのリハーサルなのか、低音の地響きのような音。
すっかりショートムービーを撮影する気がなくなりました。
噴水前の作品の写真を少し撮影しただけです。
昨年と全く同じ趣向で、この催しも少しマンネリ気味に思います。
来週は天気も悪いようで、今年のショートムービーは撮影しないかもしれません。

2年前のガーデニングショーは日比谷公園全体を会場に、規模が大きく、見ごたえがありました。

公園入口の日比谷花壇
日比谷花壇

大噴水周辺
日比谷公園ガーデニングショー2014

日比谷公園ガーデニングショー2014

日比谷公園ガーデニングショー2014

第二花壇
日比谷公園ガーデニングショー2014

夏バラの状況2014/08/18

春に大半のバラが薬害に罹ったり、シャルトルーズ・ドゥ・パルムが根頭ガン腫病になるなど、今年は冴えない年になりましたが、薬害がこわくなって殺菌剤の散布をやめたところ、何と梅雨も過ぎて夏後半になったのに、黒星病に罹っていないのです。
株が充実してきたからなのか、どうなっているのでしょう?
2009年5月からバラを育て始めて5年余り。未だにわからないことばかりです。バラの育成はなかなか順調にいかないから、やりがいがあるとも言えますが。

シャルトルーズ・ドゥ・パルム
ガンを切除したら、元気回復。幾つも香りの良い花を咲かせました。
シャルトルーズ・ドゥ・パルム

ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
こちらも根頭ガン腫病に罹ったバラ。こちらもまたコブを切除したら、何とベイサルシュートが二つも。まめに根元のコブをチェックした方が良いようです。
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

伊豆の踊子(カルトドール)
レモン&ジンジャーと同様に枝が真っ直ぐよく伸びます。花はオルードローズのように、なかなかディープカップのように咲いてくれません。
伊豆の踊子(カルトドール)

バレンシア
少し小ぶりですが大輪の花が咲いています。
バレンシア バラ

クレア・オースチンやシルバースターも幾つか蕾がついて咲いていますが、夏なので、小さな蕾は取り除いて、秋のために体力を温存するようにしています。

庭のやぶ蚊退治に新兵器登場!!2014/07/28

昨年追加した新兵器、「電池でノーマットを利用したもの」の効果がいまいち弱いようで、庭の奥ではやぶ蚊に刺されることもあり、新兵器の登場が待たれていました?!


屋外用コンセントが一口空いているので、遂にハイテク防雨型ケースに「アースノーマット」を入れたものを、夏休み工作教室(?)で製作したのです。
電池で動作するものと違い、100VAC電源で動作するので、防雨は完璧でなければなりません。

ハイテク防雨型ケース(?)はダイソーで購入したパン入れ用ケースを利用。
空気取入れ口と殺虫剤の噴霧口にはホームセンターで購入したプラスチック板の庇を付け、ACコードの引き込み口は、ダイソーで購入したペン立てのようなケースを取付けて雨が入らないようにしました。
また水が入らないように入念にシーリングしてあります。
ケースは当初、ゴム足で浮かせようと思いましたが、いまいち長いゴム足がないので、ホームセンターで見つけた、レゴのブロックを巨大にしたような、プラスチックブロックで浮かせています。底には万一を考えて水抜き穴も空けてあります。

中に入れるハイテク機器(?)は1日12時間だけ動作させるためのデジタルタイマー、USBファン、USBアダプター、トリプルタップ、そしてアースノーマットです。
AC100V用キャブタイヤケーブルは野良猫に爪とぎされても大丈夫なように、カバーを被せてあるという入念な設計(?)です。

組み上げる前の状態
庭のやぶ蚊退治に新兵器

中に機器を組み込んだ状態
庭のやぶ蚊退治に新兵器

庭の奥にガーデンバリア(野良猫除け)と並べて設置

庭のやぶ蚊退治に新兵器

さて今年はやぶ蚊の魔の手から逃れられるでしょうか?
ガーデニングの天敵、野良猫とやぶ蚊。長い戦いは今後も続きます。