今年の春バラが開花 22022/10/20

ピエール・ドゥ・ロンサール(プランター オベリスク仕立て)
例年と花数は同じくらいでしたが、花の中心部のピンク色が濃く、大きくなったような。
ピエール・ドゥ・ロンサール

ボレロ(地植え)
昨年通りの花付きで、樹形は整ってきてますが、ベイサルシュートが2本しかなく、もっと多くならないでしょうかねえ。
ボレロ

ナエマ(プランター)
ナエマを玄関付近に移動してから2年目。昨年と同様に少し強めの冬剪定したら、ディープカップで咲いてくれました。香りは本当に素晴らしい。花付きも例年通りです。
玄関の横なので、見栄えを考えて、今年もベラボンでマルチングしています。
ナエマ

レモン&ジンジャー(プランター)
こちらも例年通りの花付きで、強めの剪定をしたつもりでも、枝が予想以上に伸びて、上の位置で開花しました。
レモン&ジンジャー

クロード・モネ(地植え)
昨年大苗で地植えした絞りのバラです。日当たりの良い場所で、昨年よりたくさん蕾をつけてくれました。香りはやはり今年も中香程度でした。
クロード・モネ

ローズ・ポンパドゥール(地植え)
ローズ・スタイリスト大野耕生さん、お気に入りのバラです。このバラ、我が家では、非常にか弱く、微粉ハイポネックス、活力剤をあげても元気がないまま。
どうしたら株が充実するのか?昨年と同様に枝が細くて、蕾もあまりつきませんでした。
ローズ・ポンパドゥール

シルバー・スター(プランター)
昨年、場所を移動した時に、プランターの底穴を突き破って出ていた太い根を切ってしまったシルバースター。今年は昨年より若干蕾は多くつけましたが、以前の場所より、日当たりは悪くなっているので、元の状態のように復活するのは難しいようです。
シルバー・スター