iPhoneを7 Plusから12 Pro Maxに買い換え2021/06/29

久しぶりにiPhoneを買い換えました。
特に7 Plusに大きな不満はなく、バッテリーも無料で1度交換しているので、バッテリーの劣化もあまりなく、操作スピードにも不満はありません。
ゲームをやるわけではないし、これでYouTubeにアップするような4K動画を撮影するわけでもない。1インチセンサーのRX0M2、RX100M6の方が断然きれいな4K動画が撮影できます。
何故買い換えたかと言うと、新しい低料金プランで、分割払いでiPhoneを買い換えても、今と支払額がさほど変わらない事と1万円分のポイントがあったからです。

正直なところWindows PCを使っているので、PCとのデータのやり取りが容易なAndroidのXperia1 III にしたかったのですが、発売が遅れる見込みなのと、7 Plusからのデータ移動が楽だろうということで、またiPhoneにしてしまいました。
iPhone12シリーズにはいろいろな機種がありますが、7 Plusの大画面に慣れているので、ほとんど同じ画面幅となると、12 Pro Maxを選ぶことになります。メモリー容量は7 Plusと同じ128GBで十分です。

さてiTunesで7 Plusからデータ移動するのですが、データ移動が楽だろうということで、またiPhoneにしたのに、音楽データは何とか移動できましたが、ビデオデータの移動が何度やっても上手くいきませんでした。
正直なところ、iTunesで同期というのが、iPhoneの一番嫌いなところです。同期がうまくいかないと、データ移動ができないのです。
Androidの安価な中華製タブレットも持っていますが、こちらはPCとUSBケーブルで接続し、PCのデータをコピペで簡単にコピーできます。

結局ビデオデータの同期はあきらめて、他社のビデオプレーヤーのアプリをインストールして、iTunesのファイル共有で、そのアプリ内にビデオデータをコピーすることにしました。

さて購入したiPhone12 Pro Maxですが、iPhone4以来、落下させて壊したことがないので、料金が高いApple Careには入りませんでした。
7 Plusと同様に、落下させて壊さないように、画面保護ガラスを貼って、ストラップ付きのバンパーケースに入れ、さらに分厚いレザーのホルスターケースに入れました。
さらに12 Pro Maxはカメラ部が大きいので、ここにも保護ガラスを貼っています。
iPhone12 Pro Max

iPhone12 Pro Max

久しぶりの機種変更でしたが、超広角レンズが追加され、多少カメラの性能が上がったことくらいが、良かったところでしょうか。