日本フィルのコンサートへ 夕食はグランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」へ2018/12/09

今日はサントリーホールで日本フィルの定期演奏会へ。指揮は井上道義氏。演目はラヴェル、ベルリオーズ、井上氏らしく八村氏の現代音楽です。
ラヴェルの「マ・メール・ロワ 組曲版」は私の大好きな音楽。繊細で美しいメロディは本当に素晴らしい。ベルリオーズの「幻想交響曲」はダイナミックで華麗。間を取り持つ八村氏の「錯乱の論理」は繊細とダイナミックが入り混じった音楽。
なかなか興味深い組合せの演目です。
日本フィルの定期演奏会

井上道義氏の指揮は繊細かつダイナミックで華麗。かなり疲れるのではないかなと思ったら、最後は井上氏の挨拶と語りで終了。白いハンカチを掲げてアンコールはありませんでしたが、その演奏には非常に満足しました。
ドイツ音楽もいいけれど、フランス音楽も生でもっと聞きたいものです。

夕食まで間があるので、六本木ヒルズのイルミネーション、クリスマスマーケットに立ち寄ってから、グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」へ。「フレンチ キッチン」に行くのは久しぶりです。週末は生演奏が入ります。
グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

ディナーコースを注文。
帆立貝のポワレ カリフラワーピューレ レーズン ケッパー 焦がしバター
グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

オーストラリア産仔羊のロースト ブロッコリー カボチャのクロケット セージ風味のラムソース
グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

モンブラン アイスクリーム添え
グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン」

ビストロの料理を洗練させた料理は満足度が高いです。