DJI OSMO Mobileを売却2017/03/22

昨年12月に購入したOSMO Mobileですが、iPhone7 Plusとの組合せで試し撮りをいろいろな所で行った結果、思ったような画が撮れなくて、使う気がだんだんなくなってきました。

OSMO Mobileはスマホ専用ジンバルのため、アプリを利用しないと撮影できません。DJI Go、Filmic Pro、ProCamの三つのアプリを利用して撮影してみましたが、下記の幾つもの不満点がありました。


撮影前の準備に時間がかかりすぎる。
スマホをセットしてバランス調整、キャリブレーションが必要です。
保持力が弱いせいか、iPhone7 Plusのような大型のスマホではバランス調整、キャリブレーションをしっかりやらないと、安定性に欠け、突然横を向いてしまうこともありました。

ISO、シャッタースピード設定がしにくい。
アプリはタッチ操作なので、撮影中のISO、シャッタスピードの切換えが使いにくくていやになります。

普通に撮影すると、信号機や電飾看板でフリッカーが発生する。
4K30pビデオ撮影で、シャッタースピードを1/50、1/100秒に固定すればフリッカーは発生しませんが、これがDJI GOでは設定しにくくていやになります。そもそもFilmic Proでは1/50、1/100秒に設定できず、ProCamは裏ワザで何とか設定できます。

iPhone7 Plusの夜間撮影のノイズ感に不満。
RX100M4の画と比較してしまうと、どうにも満足できません。

iPhone7 PlusのアプリではPCにたくさんの画像ファイルが送りにくく、整理しにくい。
movファイルというのも、Windows PCでは扱いにくいです。


わざわざ2年縛りがとけるまえにiPhone7 Plusを購入しましたが、一般ビデオ撮影では使わず、ドライブの4Kビデオ撮影で使おうと思います。これなら長時間撮影しっぱなしなので、幾つものmovファイルを細かく編集することもなく、利用しやすいと思います。

これらの理由から、当初はスマホを利用できるので便利かなと思って購入したOSMO Mobilですが、どうにも満足な画が撮れなくて売却しました。
幸いお蔵入りで全く使っていなかったパナソニックHX-WA30も一緒に売却したら、OSMO Mobileの購入価格とほとんど同じ金額で売却できました。

ジンバルに関しては、スマホ専用では発展性がまるでないので、RX100M4がセットできる機種を検討していきたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2017/03/22/8518552/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。