三菱一号館美術館 オルセーのナビ派展2017/02/03

招待券を頂いたので、今日は三菱一号館美術館 オルセーのナビ派展の内覧会に行ってきました。
ナビ(預言者)派とは?印象派は知っていてもナビ派は知らない方は多いでしょう。私もその一人です。ボナールという画家の名前は知っていても、ナビ派の絵の特徴は知りませんでした。
この美術展はオルセー美術館のナビ派の所蔵作品を本格的に紹介する展覧会です。

三菱一号館美術館 オルセーのナビ派展

三菱一号館美術館 オルセーのナビ派展

印象派のわかりやすい絵とは異なり、何か象徴的なもの、日常の庭、女性を装飾的に扱った作品群は、どこか神秘的で静かな雰囲気が不思議と心に残ります。
このとらえどころのなさがナビ派の絵の特徴なのかもしれません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2017/02/03/8516433/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。