三菱一号館美術館「拝啓ルノワール先生展」へ2016/10/18

今日は招待状を頂いた「拝啓ルノワール先生展」の内覧会へ行ってきました。
梅原龍三郎がいかにルノワールに影響を受けてきたかを理解できる展覧会です。
展覧会のパンフレットにはルノワールと梅原龍三郎の「パリスの審判」を並べています。

三菱一号館美術館

拝啓ルノワール先生 展

梅原龍三郎は超有名な画家ですが、私的にはあまり関心がなかったので、ルノワールと交流があったことは知っていても、どれほどの影響を受けたかは知りませんでした。梅原龍三郎の円熟期の作品はルノワールと画風が違い、どちらかというとルオーの影響の方が大きいと思っていました。
展覧会では梅原龍三郎の画風の変遷がよくわかり、画家として大成功した梅原龍三郎が収集した、親交があったピカソやルオーなどの作品も展示されていました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2016/10/18/8326437/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。