パナソニック汐留ミュージアム「モードとインテリアの20世紀展」へ2016/10/17

今日は島根県立石見美術館に所蔵されている衣装コレクションによる20世紀の代表的な
モードを展示した展覧会に行ってきました。
パナソニック汐留ミュージアムに行くのは久しぶりです。

モードとインテリアの20世紀展

3月に三菱一号館美術館で開催された「PARISオートクチュール展に行きましたが、
日本でも20世紀のモードをコレクションしている一般の美術館があるのを初めて知りま
した。それも東京ではなく石見銀山のある島根県立の石見美術館がコレクションしている
とは!
なお展覧会の題名にインテリアも入っていますが、残念ながらパナソニック汐留ミュージ
アムは小さい美術館なので、インテリアは壁面のイラストだけでした。

モードとインテリアの20世紀展

モードとインテリアの20世紀展

それでも衣装は見ごたえがあって、20世紀初頭のファッションから、ミニスカートの生
みの親、アンドレ・クレージュのような現代に通じるファッションまで、20世紀のモー
ドの流れがよくわかりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2016/10/17/8326356/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。