帝国ホテル パークサイド・ダイナーで夕食2016/08/05

帝国ホテル1階のレストランが改装されて、その名前がパークサイド・ダイナーに。 「えっ、帝国ホテルでダイナー?ダイナー Diner って、アメリカ映画によく出てくる、プレハブ式の食堂のことだよね。」と思ったのがもう10年前のこと。

YouTubeで、Kool & The Gang の Joanna のMusic Videoを見れば、典型的なアメリカのトレーラーハウス式の Diner を見ることができます。移動できないレストラン型ダイナーも増えているらしいですが、一般的には簡易食堂というイメージです。
アメリカ人の宿泊客は Imperial と Diner のイメージの落差に戸惑わないのでしょうか?


それ以来、帝国ホテルは何度も訪れていましたが、このパークサイド・ダイナーはちらっと入口から見て通りすぎるだけでした。
「前のインテリアの方が落ち着きがあって断然良かったのに、なんでこんなインテリアに?」と思って敬遠していました。

ところが、JAFの8・9月号の会誌を見ていると、パークサイド・ダイナーの¥5,500~¥7,000(何故金額に幅があるのかわりません。)のディナーセットが¥3,900(税・サービス料込)になるというクーポンが入っていました。
一度くらい利用してみてもいいかなという気になり、パークサイド・ダイナーへ。
クーポンを提示すると、通常のメニューとは異なるメニューを持ってきました。前菜はシェフおすすめオードブル。メイン料理とデザートは数品から選べ、メイン料理は牛肉と野菜の和風炒め、デザートはバニラのアイスクリーム チョコレートソースを選びました。

帝国ホテル ダイナー
帝国ホテル ダイナー
帝国ホテル ダイナー
メインの料理のお肉は柔らかく、上に温泉卵がのっていて、醤油ベースの味付けなので、食べていると、まさしく、すき焼きのようです。パンよりご飯の方が相性がいいようです。デザートはごく普通のバニラアイスクリームにチョコレートがかかったもの。
全体的にみれば、料理はおいしかったですが、これで通常¥7,000でしたら、また利用することは考えにくいし、ビーフカレーやハンバーグステーキなどの洋食もメニューにありますが、他のレストランでも食べられるし...
次の利用は微妙なところです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tokyo-oasis.asablo.jp/blog/2016/08/05/8165420/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。